2018.04.05更新

「敏感肌」は次のように分類することができます。

1型 バリア破壊タイプ
2型 炎症タイプ
3型 バリア破壊も炎症もないタイプ

ただし、診察で正確に何型か決めることはできません。そのため、次のように治療をすすめるのが現実的です。

ステップ1 保湿でバリア機能を回復させる
ステップ2 炎症を抑える
・・・

ステップ1

 

ステップ1
皮膚の乾燥が進むと神経線維が皮膚表面まで伸びて感覚過敏を引き起こしますが、適切に保湿できれば、神経線維を元の深さまで戻すことができます。バリア破壊タイプでは、乾燥肌を呈しやすくなりますが、逆に保湿によりバリア機能の回復も見込めます。


1)適切に保湿剤を使う
2)スキンケアを見直す


1)保湿剤を使う
敏感肌での保湿では、セラミド含有保湿剤の有用性が報告されています。セラミドについては、ヒト型、合成型などと分類されることもありますが、どのセラミドがより効果的か実証されていませんから、気にする必要はありません。

セラミド含有保湿剤は数多くありますが、
NOVⅢシリーズ:保湿美容液バリアコンセントレイト
花王キュレル:乳液またはフェイスクリーム
を挙げておきます。

NOVは保湿剤のコンセプトが秀逸なことと医療機関で試されていること、花王キュレルは臨床試験で実績を作ったことを評価しています。

使用にさいしては、その量、回数が問題になりますが、とくに回数が重要ですから、改善が見られない場合は、まず塗布する回数を増やしてみましょう。

2)スキンケアの見直し
お肌から水分を奪うスキンケアになっていないか、とくに洗顔、クレンジングにおいて洗いすぎ、落としすぎに注意します。


半数以上の女性が自分を敏感肌だとしながら、実際に敏感肌用のコスメを使っている人は少ないと指摘されています。敏感肌は改善させることのできる皮膚症状であることを忘れないで下さい。

 

自由が丘ブログバナー

 

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2018.03.24更新

以前美容モデルとして、ニキビ痕のクレーター肌にリジュランの治療を受けていただいたお客様が久しぶりに来院されました。

リジュランの治療でニキビ痕がよくなったとお喜びで、ご自身から写真撮りますか?とおっしゃって下さいました。

治療前
治療前
とくに耳の前にクッキリしたクレーターのニキビ痕が目立っていました。

8回後
8回後
耳の前のクレーターには大きな効果は認められませんでした。

ニキビ痕のクレーター肌に対する治療としては、フラクショナルレーザーやプラズマがありますが、それらに比べるとリジュランでは、クレーターを目立たなくする効果は劣る、というのが僕自身が当時下した結論でした。

ところが・・さらに2年経過したところ・・

治療終了2年後
8回治療終了後2年

なんと!!あれだけクッキリしていた耳の前のクレーターはほとんどわからないほどに改善していました。もちろんこの間、他には何の治療もしていません。

マイクロニードリングや注入法をいろいろ工夫しながら治療をすすめ、お客様も痛がりながらも頑張ってくれたことなど、当時の様子が思い出されます。

ともあれリジュランの効果は、数ヶ月単位ではなくもっと長いスパンでみたほうがよさそうです。

美容モデルとしてご協力いただいたお客様には、改めて御礼申し上げます。

 

 

自由が丘ブログバナー

 

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2018.03.05更新

ただ寝るだけ

 


医学的な裏付けがあって、おそらく一番楽なダイエット方法、それは・・ただ、寝る!です。もちろん食べるひまなく寝ていろ、などという乱暴な方法ではありません。

食欲を制御するのはレプチンとグレリンという2つのホルモンですが、これらをコントロールしているのが睡眠。寝不足になればなるほど食欲を増進するグレリンの分泌が高まり、食欲を抑えるレプチンの分泌が低下してしまいます。

寝不足が食べ過ぎの原因にもなるというわけです。

適切とされる睡眠時間は7時間なので、日頃それより睡眠時間が短い方は、7時間寝ることで食欲を抑えられる可能性があります。ただ寝るだけですが、それでも立派なダイエット法です。

ただし、すでに7時間以上睡眠時間をとっている方は、それ以上寝たからといってダイエット効果(食欲抑制効果)があるかどうか定かではありません。


自由が丘ブログバナー

 

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2018.02.19更新

当初はまったく想定していなかったのですが、フラクショナルルビーレーザーで肌質(肌理、毛穴)まで改善することがわかってきました。

治療前
治療前

5回後
5回照射後

こちらの美容モデルの方も、シミ(小斑型老人性色素斑)、ソバカスの治療としてフラクショナルルビーレーザーを始めました。それはそれで目的は達成したのですが、想定外の副産物が待っていました。

それが肌質(肌理、毛穴)の改善です。

とくに注目すべきは、鼻の肌質まで改善させたということ。これほどの効果を、当日赤みが残る程度で、ほとんどダウンタイムなしに、しかも炭酸ガスフラクショナルレーザーやプラズマと同程度の回数で実現しているのは、驚くべきことです。


なぜルビーレーザーなのにこうした効果が生まれたのでしょうか? 

ビームの収束

このクアンタ社製Q-Plus Rは、フラクショナル照射のさいにビームが平行ではなく、収束するように設計されています。多分それはフラクショナル照射にするとレーザービームの照射径が非常に細くなって、レーザーの深達度が落ちてしまうことから、真皮層レベルにビームを収束させて、真皮層まで十分エネルギーが到達するようにしたのだと想像していますが、結果的にそれが真皮層を再構築させて、肌質改善につながっているのでしょう。

ただ返す返すも残念(?)なのは、ルビーレーザーはシミ取りレーザーのイメージが強すぎて、いくらフラクショナルとはいえ、そのルビーレーザーで肌質改善というと、いかにもいい加減な美容皮膚科医と思われかねないということでしょうか。



自由が丘ブログバナー

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2018.02.12更新

敏感肌治療を始める前に知っておくべきこと

治療スタートの前に

敏感肌の発症、悪化につながる要因として、
・紫外線
・PM2.5など粒子状物質
・環境湿度の低下
・ストレス
などが挙げられます。

紫外線
紫外線からの防御はスキンケアの基本ですが、敏感肌の方はとくにお気をつけ下さい。

日焼け止めをつけるだけでは紫外線防御としては不十分です。どんなにPAやSPFの高い日焼け止めをつけても、その効果は数時間しか続きません。せめて紫外線の強くなる春先から秋までは内服の日焼け止めを摂るようにしてはいかがでしょうか。

PM2.5など粒子状物質
健常な皮膚でもPM2.5などの粒子状物質の表面の有害な化合物が皮膚に浸透すると、炎症が引き起これます。ましてバリア機能が低下した皮膚では、敏感肌をさらに悪化させてしまいます。

環境湿度の低下
日本の都市部では道路舗装の普及により雨水の循環が損なわれ、乾燥化が進んでいます。また、住環境もアルミサッシ、エアコンの普及で乾燥しています。このような環境湿度の低下が乾皮症の増加などお肌に影響を及ぼしています。


ストレスなど対処しにくいものもありますが、まずはこうした要因の影響をできるだけ緩和することが重要です。

 

自由が丘ブログバナー

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2018.01.24更新

可視化

以前、「レコーディングダイエット」が話題になりました。詳細は忘れましたが、イヤでも毎日体重計に乗って、体重を記録し続ければ、それだけでも減量効果がある、確かそんな内容でした。

これは数値化すれば、それだけでも人の行動は変わる!という人間の習性(弱み?)を利用したものです。ビジネスの世界では常識で、企業が業績目標を数値として可視化することなんて、どこでも行っています。

ときどきダイエットはしているけれど、体重は知りたくないから計らない!という方がいます。それを聞くといつも意志の強さに感心するのですが、モチベーションなんてそう長くは続かないということが身にしみている私としては、やはり毎日とは言いませんが、定期的に計った方がいいと思うわけです。


自由が丘ブログバナー

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2018.01.18更新

シミ・ソバカスのレーザー治療といえば、治療後にしばらくはテープを貼ることが必要というのが常識でした。

ダウンタイムなしのシミ・ソバカス治療としては光治療がありますが、理論的にも現実的にも「取る」というより「うすくする」というのが正直なところです。

光治療と同様にダウンタイムがほとんどなく、それでいて光治療よりずっとシミ・ソバカスを根本から取れる治療・・ルビーフラクショナルはそんな新しい美容価値を提供してくれます。


治療前
治療前
ソバカス、日光性色素斑(小斑型)、ホクロが散在しています。

5回照射後
ルビーフラクショナル5回後
ホクロや今回照射しなかった下まぶたでは色素斑が残っていますが、全体的に見てハッキリ改善しています。肌質改善効果も出ていますが、それについてはまた改めて報告します。

フラクショナル照射のできるQ-PlusRを導入しておよそ半年。これまでお客様に美容モデルをお願いしながら慎重に検討してきましたが、ソバカス、小斑型の老人性(日光性)色素斑までは、ほぼ確実に効果が出せます。肝斑についてはもう少し検討が必要、大斑型の老人性(日光性)色素斑、ADM(後天性真皮性メラノーシス)についてはまだ結果が出ていないというのが現状報告です。


*フラクショナル照射とは・・レーザービームをシャワーのように細いビームの束にして照射すること。治療後にテープを貼る必要もなく、いつも通りの生活を送りながら、少しずつメラニン色素を取り除くことができます。


美容モデルとしてご協力いただいたお客様には心から御礼申し上げます。


自由が丘ブログバナー

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2018.01.11更新

敏感肌2 


皮膚科医に対するアンケート調査を見ると、ほとんどが敏感肌を角質のバリア機能不全で、乾燥肌と同じ範疇の肌トラブルとしてとらえ、保湿を中心としたスキンケアで対応すべきと認識していることがわかります。

ところが、どんなに保湿をしっかりしたとしても、改善しない「敏感肌」が確かに存在します。バリア機能が正常な「敏感肌」の方も、脂性肌タイプでニキビができやすい「敏感肌」の方もいます。

そもそも「敏感肌」の方は、化粧品を変更したさいに違和感を感じたり、生理、ストレスなどさまざまな要因からお肌にトラブルが生じたことから、自身を「敏感肌」と判断しています。

皮膚科医も、敏感肌にもっとも敏感な化粧品業界と歩調を合わせて、「敏感肌と自己申告があれば敏感肌!」を出発点にしなければなりません。

 

 

自由が丘ブログバナー

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2018.01.03更新

ダイエットはなぜうまくいかないのでしょう・・
もしかしたら、それは「決断疲れ」のせいかもしれません。

決断疲れ?


ダイエット中はこれは食べていいか、あれはどうか・・と「決断」の連続です。中には一皿ずつカロリー、食材に含まれる糖質の量を計算する几帳面な方もいらっしゃるかもしれません。

しかし・・そうした「決断」が重なると、疲れてしまい、ついには自己をコントロールする気力が弱まってしまうことが知られています。「決断疲れ」がダイエットの失敗につながるのです。

ダイエットを成功させるには、「決断」する必要のないシンプルにルーティーン化された方法にすることです。

たとえば糖質制限であれば、1日に摂取できる糖質を何グラムと制限するのではなく、「夕食は主食(ごはん、パン、麺など)を抜く!」などのように、いちいち決断する必要がないようにするのが長く続けるコツです。


 

自由が丘ブログバナー

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2017.12.27更新

年末になってしまいましたが、今年下半期から始まった育毛治療の報告です。

美容医療で行われている育毛治療のこれまでの主流は、成長因子製剤を使った注入療法でした。「成長因子」というのは、何となく効きそうというイメージがありますが、作用機序はほとんどわかっていません。成長因子製剤を使った美肌治療の経験から言うと、中心になるのは抗炎症作用です。私自身はそれを使った育毛治療の経験はないので、軽々には言えませんが、育毛効果があるとすれば何らかの「炎症」が脱毛症の原因になっている場合に限られるのではないかと思っています。

当院の育毛治療は、Dr.CYJ ヘアフィラーで、これは毛髪再生ペプチドを頭皮に注入します。毛髪再生ペプチドとは人工的にアミノ酸を組み合わせた化合物です。技術的には新たなペプチドを生成するのは容易らしく、たくさんペプチドを作り出し、生体に対する作用を調べ上げ、育毛効果のあるペプチドを集めたのがヘアフィラーというわけです。

Dr.CYJ ヘアフィラーにどれだけ効果があるかというと、「2週間ごと4回の治療で、およそ20%の増毛・育毛効果」とされています。この「20%」を高いと思うか、低いと思うか・・それがそのままこの施術に対する評価になります。



治療前 
(治療前)

治療後
(4回治療後)
生え際(M字の部分)の増毛効果が認められます。

育毛治療は、開業前には学会にも参加して真面目に取り組んでいた分野でした。ただ女性の脱毛治療では、なかなか思うような結果が出せず忸怩たる思いに駆られていました。ですから育毛治療を再開するのには、リベンジの気持ちが込められています。かつて私の育毛治療を受けて下さったお客様、これから受けて下さるお客様の真摯な気持ちを裏切らない正直な育毛治療を展開してまいります。


美容モデルとしてご協力下さったお客様には心から御礼申し上げます。


自由が丘ブログバナー

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

前へ
詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから