ナノHQクリーム

ナノHQクリームについて

愛され続けるロングセラー


ナノHQクリームは、医療機関専売のハイドロキノン製剤です。抗酸化剤フラーレンが、お肌を活性酸素から守ります。

4%と1.9%の2種類があり、肝斑、色素沈着、日光黒子(小斑型)、ソバカスなどの治療目的には4%のナノHQクリームEx、美白目的に日常的に使用するなら1.9%のナノHQクリームをおすすめします。

No.1美白剤の座は譲らない!


ハイドロキノンが美白剤として使われるようになってから60年以上が経過し、新しい美白剤は次々に登場しています。しかし、今だにハイドロキノンを越える製剤は現れていません。これまでの使用経験の積み重ねから、安全な使用法も確立されています。美白剤を使うならハイドロキノンです。他を使う理由は見当たりません。

ハイドロキノンについて

ハイドロキノンは、メラニン色素が生成される一連の反応の中で最も重要なステップで働く酵素チロシナーゼを抑制します。

こんな方におすすめ

  • 1.くすみ、色素沈着でお悩みの方
  • 2.肝斑でお悩みの方
  • 3.従来の美白治療で十分な効果が得られなかった方

ナノHQクリームの使い方


【使用方法】
朝・晩、1日2回塗布します。必ずサンスクリーン剤も使用して下さい。日中長時間紫外線にさらされることが予想されるときは、朝の使用を控えて下さい。


【副作用】
赤くなったり、痒みを伴ったり、刺激症状が生じることがあります。症状が強いときは、使用を中止してご連絡下さい。




 

 

価格表

 
価格(税抜)
ナノHQクリームEx(4%) 2,000円
ナノHQクリーム(1.9%) 3,000円

■消費税別途
 

 

 

よくいただくご質問

Q

冷蔵保存しなくても大丈夫ですか?

A

通常ハイドロキノンは冷蔵保存が必要とされます。それは、酸化されやすく、酸化したハイドロキノンをそのまま使うと、肌トラブルを引き起こすことがあるからです。しかしナノHQクリームではフラーレンが配合されて酸化を防ぐように安定化されているため、冷蔵保存は不要です。

Q

長期に使用しても安全ですか?

A

ハイドロキノンを長期連用した場合のリスクとして、色素脱出(白斑症)や組織黒変症が報告されています。ただし、色素脱出(白斑症)は高濃度のハイドロキノンを長期使用しなければ生じません。組織黒変症は低濃度でも生じたとする報告はありますが、やはりハイドロキノンの高濃度、長期連用が背景にあることが多く、また肌の色がフォトスキンタイプでⅤ〜Ⅵ(日本人はⅡ〜Ⅳ)の人に生じやすいとされています。

4%のナノHQExは、長期使用しても問題ないと考えられますが、ご心配であれば3〜6ヶ月使用したら、次は別の美白剤を同期間切り替えて使って下さい。切り替える美白剤としては、アゼライン酸20%配合クリームをおすすめします。20%アゼライン酸は、4%ハイドロキノンと同程度の効果があると報告されています。

 

切り替える美白剤




詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから