2018.06.23更新

それは今日の朝の出勤のさい、最寄り駅でトイレに立ち寄ったときのこと。


トイレで若さ自慢



用を足していると、隣の便器に近づく人の気配がします。

普通男性は便器の前にポジションを固定してから、おもむろにズボンのチャックを開け、以下の手順に進みます。ところが、人影が便器の前に止まる前に、放物線を描きながら便器に向かう水流が視界のかたすみに入ったのです。おそらく便器のはるか手前から、一連の手順を始めたに違いありません。

最後に確認したところ30代くらいの普通のサラリーマンにしか見えませんでしたが、よほど我慢して、我慢しきれなかったのでしょうか。

ただ・・抗加齢医学専門医らしく深読みすると、もしかしたら自分はすぐ出せることを自慢したかったのかもしれません。女性には理解していただけないでしょうが、男性は加齢とともに、尿が出にくくなります。具体的には便器を前にしても出るまでに時間がかかるようになります。もしかしたら自分は若い!ということを行為で示したかったのかもしれません。

もしそうだとしたら、実に男らしい、中年以上の男にしか理解できない示威行為だったと言えるでしょう。

 

 

自由が丘ブログバナー

 

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2018.01.29更新

医学が日々進歩しているというなら、新しい発見が次々と登場しそうですが、意外なことに昔から言われてきたことをただ再確認しているだけのようなこともよくあります。

温故知新


たとえば、カロリー制限は誰もが認めるアンチエイジングの大原則で、医学的に証明された唯一の長寿法ですが、昔から「腹八分目」と言われてきたことでもあります。最新の医学が明らかにしたのは、せいぜい8分目より7分目の方が良さそうなことくらい。

そしてこれは個人的見解ですが、今後大原則になると予想しているのが、時間医学が教えるところの「体内時計に合わせて生活する!」ですが、これも「早寝、早起き」として昔から健康法の定番です。昔の人がよほど賢いのか、それとも人の智恵なんてほとんど進歩しないものなのか。

「体内時計」については、1997年に時計遺伝子の存在が発見されてから、急速に時間医学として学問的に進展しています。生活リズムの乱れが糖尿病や癌の発生につながるという証拠も積み上げられつつあります。昔に比べて格段に夜でも普通に生活できる環境が整い、一面ではそれは生活が便利になったということなのですが、もしかしたらそれが生物としてのヒトの生存を脅かしつつあるのかもしれません。

「体内時計」は生物にとって、かなり根幹のシステムです。ヒトだけにあるのではなく、それどころか地球上の生物全般にあると言えるほど普遍的な存在です。おそらく地球上の生物にとって、太陽があってこそ生存が可能になったでしょうし、またオゾン層が未発達だった頃には太陽光は生存を脅かすものでもあったはずです。地球上での生物にとって、太陽の周期に合わせることのできたものだけが、進化の淘汰をくぐり抜けられたのでしょう。

正確に言うと、生活リズムの乱れがどこまで健康に影響を及ぼすのか、その全体像はつかみきれていません。ただ生活リズムが、ヒトである前に地球上の生き物としての必要条件であることは忘れるべきではないでしょう。

(メルマガ1月25日号加筆修正)

 

 

自由が丘ブログバナー

 

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから