マイクロニードル療法

目覚めよ、私の肌


肌の老化を実感しても、「何をしてよいかわからない」という声をよく聞きます。

大人になりすぎた肌には、刺激が必要。新陳代謝が滞りがちな肌を、マイクロニードルが目覚めさせます。



こんな方におすすめ

 

  • 1.長く続けられる美肌治療を探している
  • 2.肌にハリがなくなった
  • 3.小ジワ、毛穴が気になる
  • 4.肌に元気がない



施術について

施術について


施術時間  : 施術時間は約30分(カウンセリングからで約45分)

麻  酔  : 不要

術後診察  : 不要

注意事項


入浴・洗髪  : 当日から可能

洗顔・化粧  : 当日のメイクは控え目に

飲酒・運動  : 当日から可能

治療スケジュール


2〜4週毎

施術を受けられない方

 

  • 1.妊娠・授乳中の方
  • 2.炎症性ニキビが多発している方
  • 3.ケロイドになりやすい方

 

施術の流れ

1 準備


洗顔ののち、表面麻酔のクリームを塗布します。

2 マイクロニードリング


ダーマスタンプの微細な針で、肌を直接刺激します。

*電動式のダーマペンを使用することもあります。

3 お肌のビタミン導入療法


お客様毎に必要な成分をセレクトして、導入剤を作成します。


4 施術終了後


当日のメイクは控え目にして下さい。そのほか日常生活上の制限はありません。

 

 

価格表

 マイクロニードル療法
価格(税抜)
1回 19,800円
3回コース 57,000円

 

■麻酔代 表面麻酔 2,500円(コースは麻酔代込み)
■消費税別途

 

*本施術は、自由診療に基づき全額自己負担になります。




 

 

 

よくいただくご質問

Q

ほんとうに効果ありますか?

A

マイクロニードリングは、創傷治癒反応という、誰もが持っている生体反応に基づく施術です。「生きている」肌に施術するのですから、反応がないことはあり得ません。

ただ、それを「効果」と認めていただくまでには回数が必要です。

Q

リスク・ダウンタイムはありますか?

A

皮膚の薄い、弱い方では、いくつか針穴が赤い点として施術後に見えることがあります。ただしそれはメイクで十分カバーできます。また当日は赤みが残ることもあります。

針穴の赤い点が消退するまでに数日かかることがあります。

Q

肝斑があっても施術は受けられますか?

A

問題ありません。

もともと肝斑に対しては、注射針で細かく皮膚表面を刺し(プリック法)、トラネキサム酸液を塗布するという治療法があります。肝斑がある場合は、導入液にトラネキサム酸を入れることで、肝斑治療を兼ねることができます。

Q

光やレーザーを使った肌治療との違いは?

A

マイクロニードリングでは、レーザーや光などのように肌に熱エネルギーを与えることはありません。

お肌に余分な負担を掛けないことで、施術のリスクが減り、安心して長期に続けていただけます。

Q

お肌のビタミン導入療法ではどのような成分を使うのでしょう?

A

ビタミンA1
ビタミンB(1・2・3・6・12)
パントテン酸
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンK
ビオチン
マグネシウム
タチオン
トラネキサム酸

導入基本薬剤(BIO VISO)に、上記成分からセレクトした薬剤を加えて導入液とします。

参考文献


1)Mesotherapy,Microneedling, and Chemical Peels.
Jofnson CL,et.al
Clin Plstic Surg
2016;43:583-595

2)Microneedling:A Review and Practical Guide
Tina SA,et.al
Dermatol Surg
2018;44:397-404



詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから