CDトレチノイン

年齢とともに劣化するのは、肌の常識ではありません


年齢とともに肌は劣化すると信じていませんか?

光老化(紫外線による肌の老化)は年齢とともに蓄積しますが、それには米国FDAの承認製剤があります。それがトレチノイン。それなのになぜトレチノインがもっと普及しないかと言えば、薬剤として不安定なのと刺激症状があって使いこなすのが難しいから。

CDトレチノインでは、トレチノインをシクロデキストリンで包接することで、薬剤としての安定性を高めるとともに、刺激症状を緩和することにも役立っています。トレチノインの欠点を2つとも見事に穴埋めしています。

確かにトレチノインは、使いこなすのが難しいことは間違いないですが、使い続けたときにトレチノインがもたらすお肌の変化は、それまでの苦労も忘れさせて、きっとあなたを驚かし、喜ばすことでしょう。

お肌の女神は、頑張るあなたに微笑みかけるのです。



関連ブログ記事もお楽しみ下さい




こんな方におすすめ

 

  • 1.年齢とともに進む肌の劣化を何とかしたい
  • 2.肌のエイジングに合わせたスキンケアに取り組みたい
  • 3.肌のハリとツヤを取り戻したい
  • 4.肌痩せでしぼんだ肌を元気にしたい




院長コラム


レチノール、レチナール、ディフェリン、タザロテンと美容皮膚科クリニック屈指のレチノイドの品揃えを誇りながら、なぜかトレチノインはなかったのですが、ついに真打ちの登場となりました。 「トレチノインが最後かい!」というツッコミが聞こえてきそう。  

なぜレチノイドの大本命が最後になったのか?

それはトレチノインの最大の欠点を克服する製剤が見つからなかったから。

最大の欠点とは「製剤としての不安定さ」。 刺激症状については、使用法を工夫して指導することで十分克服できます。それなりの経験値も蓄積したつもり。しかし自力ではどうしても乗り越えられないのが製剤自体の不安定さでした。

その欠点を克服する製剤がCDトレチノイン。国内の信頼できるメーカーが製造していて、劣化しない粉として購入して、クリニックで自分で好きな濃度に調剤できます。これならベストなトレチノインをお客様にご提供できます。

これまではトレチノインを避けながらレチノイドの普及に努めてきましたが、これからは大本命のトレチノインを中心にしてレチノイド治療を展開してまいります。

 



CDトレチノインの使い方 

はじめの1ヶ月

1日おきに、夜の洗顔後水分をよく拭き取ってから最初に使います。

エイジングケアですからお顔全体に塗ります。

2ヶ月目以降

刺激症状が収まっていたら、毎日夜1回に増やします。

念のため、昼は日焼け止めをお使い下さい。



刺激反応への対策

 

トレチノインを使い始めて数日すると、多くの方で刺激反応が出現します。

刺激反応には

  • 赤み
  • 皮むけ
  • ヒリヒリ感
  • 乾燥

があり、これらは使用を中止してしまう原因になります。

対策としては

 

  • 必ず保湿剤を併用する
  • 塗る量を減らす
  • それでも収まらなければ、1日おき、または週に2回にする

など、お肌を慣らしながら使用を続けます。

この反応は、1〜2週間すれば自然になくなります。収まったら、通常通りの使用方法にします。

 

 

価格表

CDトレチノイン価格(税込)
0.025%:10g 3,520円




その他のレチノイド療法

 

 




よくいただくご質問

Q

トレチノインにはどんな作用がありますか?

A


1)表皮でのターンオーバー促進
2)真皮でのコラーゲンの増生と分解の抑制
3)紫外線の悪影響の抑制
などの作用があります。

Q

妊娠、授乳中について

A


妊娠している、妊娠しているかもしれない、または妊娠を希望して治療をしている方は使用しないで下さい。妊娠中の使用に関する安全性は確立していません。

授乳中には使用しないことが望ましいですが、やむを得ず使用する場合は、授乳を避けて下さい。母乳への移行についてはわかっていません。



参考文献

 

1)Adapalene
Tolaymat L,et al.
StatPearls
2022 Jan 4
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK482509/

2)Assessment of adapalene gel for the treatment of actinic keratoses and lentigines: a randomized trial
Kang S,et al.
J Am Acad Dermatol
2003;49(1):83-90

3)Clinical efficacy of adapalene(Differin) 0.3% gel in Chilean women with cutaneous photoaging
Herane MI,et al.
J Dermatolog Treat.
2012;23:57-64

4)Comparable efficacy of adapalene 0.3% gel and tretinoin 0.05% cream as treatment for cutaneous photoaging
Bagatin E,et al.
Eur J Dermatol.
2018;28(3):343-350


 

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから