2021.07.31更新

■無名の存在だった「レチナール」
オーストラリアのダーマペンのメーカーが、レチナール・アクティブを出した時点では、私を含め、ほとんどの日本の美容ドクターは、レチナール(レチンアルデヒド)についてほとんど何も知らなかったと思います。レチノールの誤植だと勘違いした人もいたでしょう。

■天然レチノイド(ビタミンA誘導体)
お肌のビタミンとして知られるビタミンAの誘導体で知名度が高いのが、レチノール。これはビタミンAそのもので、日本でもコスメの成分として配合が認められています。もうひとつは、トレチノイン。皆さんが皮剥けしながら頑張るゼオスキンでの主成分のひとつ。

■レチナール(レチンアルデヒド)とは?
レチナール(レチンアルデヒド)は、どなたの身体の中にも微量ですが存在してします。お肌のビタミンであるビタミンAは、皮膚でトレチノインに変換されて効果を発揮しますが、ビタミンAとトレチノインの中間体が、レチナール(レチンアルデヒド)です。

■一歩手前がベストポジション!
レチナール(レチンアルデヒド)が、美容的に価値が高いのは、トレチノインとして十分な作用を発揮しながら、副作用である刺激反応が少ないこと。その秘密は、トレチノインの「前駆体」であることにあります。

レチナールは、それ自体は何ら皮膚に刺激作用をもたらしません。皮膚に塗ると、適度にトレチノインに変換され、トレチノインを塗ったときと質的に同じ効果をもたらします。それでいて、量的に過剰なトレチノインが作用することはないので、刺激反応は抑えられます。「優れた忍容性」とか、「敏感肌の方も」と言われるのはこのためです。

■トレチノイン療法の難題解決!?
これまでトレチノイン療法において、高い効果を求めれば、反動として刺激反応も強くなることを覚悟する必要がありました。レチナール(レチンアルデヒド)を使うことで、十分に高い効果と十分に低い刺激反応のトレチノイン療法が両立したのです。

 

 twitterへ

 

自由が丘ブログバナー  

 

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから