2019.08.09更新

 フィロルガ水光注射


なぜフィロルガの製剤(NCTF 135HA+)を使った水光注射がここまで人気になったのか?単に「シャネル注射」という絶妙なネーミングだけが理由ではないはずです。

フィロルガの製剤(NCTF 135HA+)の特徴は、非架橋ヒアルロン酸を中心におよそ60種類の成分を含んでいること。ただ、その内容といえば、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などありきたりなものばかりで、いかにも効きそう(?)な成分は見当たりません。

おそらくフィロルガの製剤(NCTF 135HA+)の秘密は、およそ60種類の「配合の妙」にあります。

「配合の妙」とは、東洋的な考え方ですが、たとえば漢方薬が有名です。漢方薬に含まれる生薬を見ると難しい漢字が並んでいても、実は中身はミカンの皮だったり、ショウガだったり、貝殻の粉だったりします。ひとつひとつを見るととても効果的に思えないのに、まとまると現代医学でも活用される効能を発揮するわけです。

すぐに個々の成分を論じて、どの成分が実際に効果を出しているか分析したくなるのは、頭の中が西洋科学に毒された(?)証拠と言えるでしょう。

フィロルガというフランスに本拠を置く西洋の会社が、実に東洋的なコンセプトで作り上げたところに、この製剤の絶妙さがあるのです。

そこから先、韓国のドクターが、おそらくそうしたコンセプトを理解せずにつけた、あくまで西洋的な「シャネル注射」というネーミングがヒットするきっかけになったのは、まったくの蛇足と言えるでしょう。

 

 

自由が丘ブログバナー

 

 

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから