2018.03.24更新

以前美容モデルとして、ニキビ痕のクレーター肌にリジュランの治療を受けていただいたお客様が久しぶりに来院されました。

リジュランの治療でニキビ痕がよくなったとお喜びで、ご自身から写真撮りますか?とおっしゃって下さいました。

治療前
治療前
とくに耳の前にクッキリしたクレーターのニキビ痕が目立っていました。

8回後
8回後
耳の前のクレーターには大きな効果は認められませんでした。

ニキビ痕のクレーター肌に対する治療としては、フラクショナルレーザーやプラズマがありますが、それらに比べるとリジュランでは、クレーターを目立たなくする効果は劣る、というのが僕自身が当時下した結論でした。

ところが・・さらに2年経過したところ・・

治療終了2年後
8回治療終了後2年

なんと!!あれだけクッキリしていた耳の前のクレーターはほとんどわからないほどに改善していました。もちろんこの間、他には何の治療もしていません。

マイクロニードリングや注入法をいろいろ工夫しながら治療をすすめ、お客様も痛がりながらも頑張ってくれたことなど、当時の様子が思い出されます。

ともあれリジュランの効果は、数ヶ月単位ではなくもっと長いスパンでみたほうがよさそうです。

美容モデルとしてご協力いただいたお客様には、改めて御礼申し上げます。

 

 

自由が丘ブログバナー

 

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2018.03.05更新

ただ寝るだけ

 


医学的な裏付けがあって、おそらく一番楽なダイエット方法、それは・・ただ、寝る!です。もちろん食べるひまなく寝ていろ、などという乱暴な方法ではありません。

食欲を制御するのはレプチンとグレリンという2つのホルモンですが、これらをコントロールしているのが睡眠。寝不足になればなるほど食欲を増進するグレリンの分泌が高まり、食欲を抑えるレプチンの分泌が低下してしまいます。

寝不足が食べ過ぎの原因にもなるというわけです。

適切とされる睡眠時間は7時間なので、日頃それより睡眠時間が短い方は、7時間寝ることで食欲を抑えられる可能性があります。ただ寝るだけですが、それでも立派なダイエット法です。

ただし、すでに7時間以上睡眠時間をとっている方は、それ以上寝たからといってダイエット効果(食欲抑制効果)があるかどうか定かではありません。


自由が丘ブログバナー

 

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから