肝斑

肝斑とは

どんなシミ?

 

肝斑は典型的には、顔の頬骨のあたりを中心に地図状に広がる褐色調のシミです。左右対称性に現れるとされますが、片側性のこともあります。

頬だけではなく、額や口周囲にもよく見られます。


思春期以降、30歳前後からできはじめ、高齢になると自然に消退すると言われます。

 

原因


A 紫外線
B 女性モルモン
C 遺伝的素因


A 紫外線
肝斑を光老化の一症状とする考え方もあります。

B 女性モルモン
妊娠、出産、また女性ホルモン製剤の内服を契機にできることがあります。

C 遺伝的素因
肝斑は家族内発生することが知られています。ただし、原因遺伝子は特定されていません。

どのような機序で肝斑はできるのか?


肝斑は外見的には表皮にできるシミですが、主病変は真皮です。

肝斑でメラニンを作る色素細胞に、最終的に指令を出しているのは、真皮にある線維芽細胞と判明しています。


 



肝斑の治療


肝斑では、色素を作るよう指令を出しているのは真皮層の線維芽細胞ですが、それにはメラニン色素がないため、レーザーで破壊することはできません。

「レーザートーニング」は、一時的に色素を減らしているだけです。根本的な治療ではなく、再発が避けられません。

徹底した紫外線防御、正しいスキンケアとともに、メラニン色素を減らして外見的に改善させる治療と肝斑の主病変である真皮の治療を組み合わせることがベストな戦略です。

 

治療の前提


A 徹底した紫外線防御
B 正しいスキンケア


A 徹底した紫外線防御
サンスクリーン剤を塗るだけでは、「徹底」した紫外線防御とは言えません。「飲む日焼け止め」を内服したり、日傘、帽子、衣服などで物理的にお肌を守ることも、日常生活で取り入れて下さい。

B 正しいスキンケア
肌を「こする」刺激が肝斑の原因になるとも言われていますし、肝斑の広がる皮膚では、表面の角質がうすくなっていて、バリア機能が落ちています。肝斑があるならスキンケアの見直しが必要です。


外見の改善〜表皮の治療〜

ハイドロキノン(美白剤)

ハイドロキノンはメラニンの生合成の重要なステップを阻害してメラニン生成を抑制します。

赤みなど刺激症状が出て使いにくい方には、アゼライン酸をおすすめします。

くわしくはコチラへ



B ケミカルピーリング


表皮からのメラニン排泄を促進して、色調を整えるのがケミカルピーリングです。

ただし、肝斑の広がる皮膚では、ケミカルピーリングが過度に刺激的に感じられることがあります。

くわしくはコチラへ



2-c フラクショナルルビーレーザー

QスイッチNd:YAGレーザーを使って、低出力で反復照射を繰り返す治療法がレーザートーニングです。色素細胞へダメージを与えることなく、メラニン色素のみを選択的に治療します。

2008年以降肝斑に対する治療法として急速に広まりましたが、一方で肝斑の増悪や色素脱出のリスクも明らかとなり、漫然とレーザートーニングを続けることは避けるべきと考えられるようになりました。


くわしくはコチラへ



主病変の治療〜真皮の治療〜

 

トラネキサム酸、ビタミンC、Lシステインの3剤の内服で、肝斑の色味が改善したとする日本での臨床研究に基づき、市販薬「トランシーノ」は生まれました。

最近の韓国での臨床研究から、トラネキサム酸が主病変である真皮を改善させることがわかりました。そのときのプロトコールに合わせて、トラネキサム酸は内服だけでなく、クリームでの外用もおすすめしています。

 価格(税込)
トランサミン 28日分 1,680円
シナール(ビタミンC)28日分 1,040円
ハイチオール(Lシステイン) 28日分 960円
肝斑セット(上記3剤)28日分 3,680円
トラネキサム酸クリーム20g 2,000円


■消費税別途

 

 

3-b トレチノイン


肝斑における主病変が真皮であり、その真皮で光老化の所見が目立つことから、肝斑を光老化の一症状とする考え方があります。そうであるなら光老化の治療薬であるトレチノインは肝斑を治療できる可能性があります。

トレチノインは、ハイドロキノン、ステロイドと合わせた3剤での外用療法が、世界的には肝斑にはもっとも有効な外用剤と評価されています。しかし、肝斑治療が長期に及ぶことを考えるとステロイドの副作用が懸念されこと、トレチノインには刺激症状が生じやすく使いにくいことから、日本ではこれまで肝斑治療の主役にはなっていません。



くわしくはコチラへ

 

 

参考文献


1)Heterogeneous pathology of melasma and its clinical implications.
Kwon SH,et.al
Int J Mol Sci
2016;17(6):824-33

2)Melasma:A comprehensive update:Part Ⅱ.
Sheth VM,et.al
J Am Acad Dermatol
2011;65(4):699-714

3)肝斑に対するDH-4243(トラネキサム酸配合経口薬)の多施設共同無作為比較試験
川島 眞、川田 暁、林 伸和、他
臨皮
2007;61:735-43

4)Effect of tranexamic acid on melasma:a clinical trial with histological evaluation.
Na JI,et.al
J Eur Dermatol Venereol
2013;27(8):1035-9

 

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから

肝斑