2015.01.27更新

「毛穴が開く」といいますが、
開いているのは表面部分だけで、
深部は開いていません。




皮脂の不飽和脂肪酸が酸化して
毛穴開口部の角質をダメージを与えてしまうらしい。

異常をきたした角質はすり鉢状に凹み
結果、毛穴が開いて見えるというわけ。


こうしたことから毛穴に対しては
1)グリシルグリシンで角化異常を抑え、
2)出来上がった角化異常は
ケミカルピーリングで取り除き、
3)仕上げに皮膚表面を引き締める

のが有効といえます。



施術前


ボトックスリフト後

ボトックスを皮膚表層に細かく注入すると
皮膚を引き締める作用があるので
このように毛穴も引き締まります。










2015.01.23更新

どこに最初に年齢が現れるかというと
それは「目周り」!

年齢とともに
皮下組織の萎縮(ボリュームの減少)
顔面骨の加齢性変化(骨の変形)
がすすむからです。

加齢そのものは治療できませんが、
ヒアルロン酸注入で「見た目」を改善できます。


施術前


施術後
「くま」が目立たなくなり、
明るい印象になりました。



「見た目」という言葉には
マイナスのイメージもありますが、
美容やアンチエイジングの医学界では
「見た目のアンチエイジング研究会」があるほど
重要視されています。


たった1本のヒアルロン酸注入でも、
それがお悩みを解消し、
気持ちを明るくしてくれるかもしれません。

少なくとも僕自身はそれを信じて
日々診療に立ち向かっています。


美容モデルとしてご協力くださったお客様には
心から御礼申し上げます。









詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから