老人性色素斑

老人性色素斑とは

どんなシミ?

日光黒子とも呼ばれ、もっとも普通に見られるシミです。身体のどこにでも生じるわけではなく、日光があたる部位(顔、手の甲、腕など)にできます。褐色で形はさまざまですが、境界明瞭な色素斑です。老人性色素斑は、皮膚の厚みを伴う脂漏性角化症を伴うことがあります。

原因

シミはメラニン色素が増えた状態ですから、当然メラニンを作る色素細胞に問題があると思われがちですが、実は問題は角質を作る角質細胞にあって、紫外線の影響で「異常化した角質細胞」が色素細胞を刺激して、過剰にメラニン色素を作らせることが原因です。



老人性色素斑の治療

Qスイッチルビーレーザー(大斑型)

皮膚の厚み(盛り上がり)のない老人性色素斑の治療の第一選択は、Qスイッチルビーレーザーです。「異常化した」角質細胞に対する根本的な治療です。ただし10日間程度テープを貼って照射部位を保護する必要があります。

美容モデル

照射前

左目尻の大斑型老人性色素斑

1回照射後1ヶ月

色素沈着をきたすことなく順調に経過しています。

おすすめする治療

◎Qスイッチルビーレーザー



フラクショナルQスイッチルビーレーザー(小斑型)

小斑型の老人性色素斑を従来型のQスイッチレーザーで治療しようとすると、一度に治療しようとすると顔中テープだらけになりますし、何回かに分けて治療しようとすると、いつまでたってもお顔からテープがなくなりません。

小斑型の老人性色素斑は、フラクショナルQスイッチルビーレーザーのよい適応になります。1回に面積にして10〜15%と少しずつ色素斑を治療していきます。テープ保護が不要ですから、日常生活に影響なく治療を続けることができます。

美容モデル

治療前

小斑型老人性色素斑を中心にソバカス、ホクロも散在しています。

フラクショナルルビー5回後

 

おすすめする治療

◎フラクショナルルビー



炭酸ガスレーザー(脂漏性角化症)

老人性色素斑は、シミが厚くなっているように見える脂漏性角化症を伴うことがよくあります。厚みがあるとQスイッチレーザーでは取り切れないため、炭酸ガスレーザーで皮膚表面を削る治療を行います。3日間程度のテープ保護が必要です。

光治療(小斑型)

レーザーに比べ根治度は下がりますが、ダウンタイムを気にされる方には、光治療も選択肢に入ります。痂皮(カサブタ)ができることはありますが、メイクでほとんどカバーできます。

フラッシュライトはレーザーに比べパワーが弱いため、薄いシミには効果が期待できない、十分取り切れない、再発しやすい、といった欠点はありますが、ほとんどダウンタイムがなく、肌全体の治療としてできるというメリットがあります。

おすすめする治療

◎フォトRF

 

 

治療の原則

老人性色素斑の大斑型では、Qスイッチルビーレーザーが第一選択です。大斑型では、光治療や美白剤ではほとんど効果は期待できません。

ただし、小斑型ではフラクショナルQスイッチルビーレーザーや光治療も選択肢に入ります。

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから