ヒアルロン酸

ただの注入ではない、ご満足の「笑顔」の注入です! できるだけ「痛くない」、できるだけ「内出血させない」施術を追求しています。

 

ヒアルロン酸注入の誓い

1 心を込めた丁寧な施術をお約束します。

2 「お取り置き」や「使いまわし」は一切行いません。

3 痛みのない施術を目指します。

4 ご満足いただけない時には誠心誠意対応します。



注入に際し工夫していること

十分なカウンセリング(痛み対策)


カウンセリングでもっとも大切なことは、 お客様との間にしっかりとした信頼関係を築くこと、とくに初めて来院されたお客様に注入を行うときは気をつけています。 「A先生の注射は痛くない、B先生の注射は痛い!」というお客様の声をよく聞きますが、 A先生にあって、B先生にないのが「信頼関係」です。 カウンセリングも立派な痛み対策です。 

麻酔入り製剤の使用(痛み対策)

 

ヒアルロン酸注入時の痛みは
1)針をさすときの痛み
2)ヒアルロン酸注入時の痛み
に分けられます。

このうち2)の「注入されるときの痛み」の方が強いのですが、それを和らげるためには麻酔入りヒアルロン酸を使うことがもっとも効果的です。クリームやテープを貼る表面麻酔は、針を刺す痛みを多少は和らげますが、注入時の痛みにはまったく無効です。

冷却(痛み対策・内出血予防)

 

ヒアルロン酸注入での痛みは
1)針を刺す痛み
2)ヒアルロン酸注入時の痛み
に分けられます。

1)の「針を刺す痛み」を和らげるために、針を刺す部位を冷却します。冷却することで痛み刺激は和らぎます。冷却機能付きのイオン導入器クライオセルで冷却しています。
冷却するもうひとつのメリットとして、冷却された部位では血管が収縮するので内出血のリスクが減少することも挙げられます。

カニューレの使用(内出血予防)

 

ヒアルロン酸注入のリスクのうち、もっとも多いのは内出血であり、もっとも重篤なのは動脈塞栓です。

内出血は腫れや青アザの原因になりますし、ヒアルロン酸が動脈の中に入り血流を止めてしまう動脈塞栓が生じると、最悪の場合皮膚に大きなダメージが残ることになります。

内出血、動脈塞栓の予防策としてカニューレを使った注入を行っています。
カニューレとは先端が丸い鈍針になっている注入針のことで、血管や神経を傷つける恐れがほとんどありません。内出血、動脈梗塞に対する最善の予防策です。

 

 

当院で使用している製剤

ベロテロ・ソフト

旧名の「エセリス」の方が知名度が高いかもしれません。「目元にはこれしか使わない!」という美容外科医も多い定評のあるヒアルロン酸です。

特徴は驚異的な周囲組織とのなじみやすさ。目周りなど繊細さが求められる部位への注入に適しています。難しい目周りの注入で何度助けられたかわかりません。



《注入に最適な部位》
涙袋
・涙袋は、眼輪筋の厚みによって作られます。加齢とともに目立たなくなりますが、ヒアルロン酸で補強することができます。

目まわりの小ジワ
・細かい小ジワ、チリメンジワは適応外ですが、目立つ小ジワは治療可能です。

ジュビダームビスタウルトラXC

ジュビダームはNo.1のヒアルロン酸製剤。

以前思い知らされたことがありました。1週間前に注入を受けたお客様が別件でクリニックに来られましたが、注入部位を見ると、自然な仕上がりもちろん、皮膚の質感までが改善されていたのです。それ以来、ヒアルロン酸製剤は数あれど、ジュビダームが最高だと信じていますし、その信頼が揺らいだことはありません。

*ジュビダームビスタは、日本で初めて厚生労働省に承認されたヒアルロン酸製剤です。

 

《注入に最適な部位》
ほうれい線・マリオネットライン
・表情によって大きく動く部位にはこのウルトラXCがピッタリです。

目の下
・加齢とともに目まわりが痩せ全体に落ちくぼみます。目の下から頬上部への注入は頬の若返りにも重要です。

ジュビダームビスタウルトラプラスXC

ジュビダームビスタウルトラプラスXCは、ジュビダームビスタウルトラXCよりワンランク硬いヒアルロン酸です。ボリューム効果がより高くなります。

ジュビダームシリーズの特徴である「滑らかな仕上がり」とともに、効果の長期持続も実現しています。

 

 

《注入に最適な部位》
ゴルゴライン(頬)
・頬の若返りにボリュームは欠かせません。ちょうど笑顔に近づけるように、ヒアルロン酸注入で頬上部にボリュームをつけることで、若々しい、明るい頬を作ることができます。

 ジュビダームウルトラXCやウルトラプラスXCから、一段と進化したヒアルロン酸です。中顔面(頬)、顎、コメカミのボリュームを増大する目的で、初めての厚生労働省の承認製剤となりました。


独自のVCCROSS技術により
1)2年の長期持続性
2)成形性
3)低吸水性
4)リフトアップ力
5)組織親和性
の5つの特性を実現しています。

まさに、「自分史上最高の自分」のためのヒアルロン酸です。


《ボリューマが最適な部位》
輪郭形成(横顔の痩せ)
加齢とともにコメカミや頬の横(耳の前)では「痩せ」が進みます。「痩せ」で生じる凹凸を注入で滑らかに仕上げること、それが若返りのポイントです。

 

 

施術について

施術について


施術時間  : カウンセリングを含め約30分
麻  酔  : なし
術後診察  : 不要

注意事項


入浴・洗髪  : 当日から可能

洗顔・化粧  : 当日から可能

飲酒・運動  : 当日から可能

治療スケジュールについて


美容効果の持続は6ヶ月程度。
継続的な注入をおすすめします。

ヒアルロン酸注入を受けられない方


妊娠、授乳中の方

施術手順

1 カウンセリング

 

2 マーキング


注入デザインを決めマーキングします。
*注入部位はメイクを落とします。

3 クライオセル冷却


クライオセルで注入部を冷却します。
冷却すると痛みの感覚が麻痺しまた血管が収縮するので内出血のリスクも小さくなります。

4 ヒアルロン酸注入


麻酔入りのヒアルロン酸を使います。鈍針のカニューレを使用することで内出血などのリスクを最小限に抑えます。

5 施術終了後


施術後、メイクも可能です。
気になる事があれば何でもご相談下さい。

 

価格表

ヒアルロン酸
価格(税抜)
ベロテロ・ソフト 1本(1.0ml)48,000円
ジュビダームビスタウルトラXC 1本(1.0ml)52,000円
ジュビダームビスタウルトラプラスXC 1本(1.0ml)65,000円
ジュビダーム・ボリューマ 1本(1.0ml)96,000円
2本(2.0ml)156,000円
3本(3.0ml)216,000円
手の甲ヒアルロン酸注入 98,000円
ヒアルロニダーゼ 1部位
(ヒアルロン酸分解注射)
*注入手技料はかかりません
38,000円

■注入手技料  3,000円
■消費税別途
■手の甲ヒアルロン酸注入は麻酔料 2,500円別途



ヒアルロン酸の役割の拡大


美容医療に足を踏み入れたのは、ちょうどヒアルロン酸が美容医療に導入され始めた頃で、私の美容外科医としてのキャリアは、「ヒアルロン酸」の歩みに重なります。あれから15年以上経ちましたが、美容医療が今日のように皆様に認知されるようになった原動力が「ヒアルロン酸」だったことは、紛れもない事実です。


なぜ、ヒアルロン酸注入がここまで皆様に愛されたかといえば、やはり手軽に受けられ、効果がわかりやすいことが挙げられるでしょうが、実は、医師からも愛されている施術と言えます。というのも施術を行い、ご満足いただけたときのお客様の笑顔を見ることは、医師にとってもやりがいが感じられる瞬間であり、診療を続けていく気持ちの支えになるからです。

そんな美容医療の主役の一人と言える「ヒアルロン酸」ですが、その役割は徐々に拡大しています。大きく3つの段階に分けることができます。

第1段階 シワ治療
第2段階 ボリューム・アップ
第3段階 リフトアップ


第1段階
私が美容医療に足を踏み入れた2001年当時は、ヒアルロン酸が美容医療の現場で広がり出した頃でした。その頃のヒアルロン酸は、ほうれい線、マリオネットライン、目周りの小ジワなどシワを主な治療対象にしていました。

第2段階
2007年に私はオザキクリニックに移りましたが、その頃からボリュームを増やすためのヒアルロン酸注入が行われるようになりました。たとえば加齢とともに目周りから頬にかけて痩せが進行しますが、その頬で減ったボリュームをヒアルロン酸注入で補って若々しい輪郭を取り戻すという治療法です。

第3段階
2015年からヒアルロン酸製剤ジュビダームを製造販売アラガン社は、ブラジル人医師Dr.デマイオを招聘し、ヒアルロン酸による若返り注入法「ビスタシェイプ」の展開を始めました。とくに目を引いたのが、ヒアルロン酸注入によるリフトアップ効果。Dr.デマイオの指示通りに、今まで考えたこともなかった頬骨から頬骨弓部(目尻わき)へ注入すると、頬や口元がリフトアップするのを目の当たりにして衝撃を受けました。

最初は、効果の機序の説明がされなかったこともあり、半信半疑でしたが、その後支持靱帯をヒアルロン酸のボリュームで支えることでリフトアップ効果が生まれることが明らかにされました。

人の顔では、支持靱帯という顔面骨と皮膚表面を結びつけている組織があり、これが基本的な形態を支えていますが、加齢とともに支持靱帯周囲の脂肪組織が減少する(痩せる)と支持靱帯が下がってしまい、「たるみ」の一因になります。そこでヒアルロン酸を支持靱帯を支える位置に注入することで、支持靱帯を元の高い位置に戻すことで、リフトアップ効果が生まれるというわけです(図1)。

アラガン社のライバルであるガルデルマ社も支持靱帯をメルクマールにした注入法TrueLiftメソッドを提唱しています。昨今のヒアルロン酸注入は、支持靱帯とは切っても切れない関係にあります(図2)。


最初、シワ治療として始まったヒアルロン酸注入が、その後ボリューム形成、さらにリフトアップ術にまで使われるようにりました。今では厚生労働省承認の製剤もあり、また製剤の多様化も進んでいて、これからもフィラー(注入剤)の中で中心的な存在であり続けることでしょう。


(図1) 注入でリフトアップするワケ

(図2)頬骨周囲の支持靱帯と注入ポイント

 

 

よくあるご質問(Q&A)

Q

ヒアルロン酸は何からできていますか?

A

2種類の糖が交互に連結した直線上の高分子化合物です。生体内では最終的に二酸化炭素と水に分解されます。

Q

ヒアルロン酸注入にはどのようなリスクがありますか?

A

もっとも多いトラブルは内出血です。腫れや青アザを作ります。冷却してからカニューレで注入することで内出血を予防しています。

内出血してもたいていの場合メイクでカバーすることができます。ただし数パーセントですが青アザとなって広がることもありますので大切なご用事が控えているならその後に施術をお受け下さい。

その他ごくまれですがアレルギーや動脈塞栓症のリスクがあります。

Q

凸凹になることがあると聞きました・・

A

注入直後にはなくてもあとで気づくこともあります。

原因としては体内で水分を吸収してヒアルロン酸のボリュームが増えたり、まばたきや表情によってヒアルロン酸が偏ることなど。

ほとんどの場合マッサージすることで直せます。我慢されずにぜひご連絡下さい。

Q

量り売りはしていますか?

A

していません。

「量り売り」とはヒアルロン酸注入の料金を0.1mlあたりで決めること。「使い回し」を疑われます。

お客様毎に新しい注射器を使っています。

Q

注入量の目安は?

A


目の下やほうれい線、マリオネットラインで1ml、ゴルゴラインで1~2ml、輪郭形成(コメカミ、横顔)では3mlが平均的です。

Q

他院で注入していますが、同じ部位に注入してもらえますか?

A

もちろん注入いたします。

クリニックが替わると注入するヒアルロン酸が異なる場合もありますが、特に支障ありませんので前医へのお問い合わせは必要ありません。

Q

痛いですか?

A

当院では痛みの軽減に最大限配慮しており、他のクリニックより痛みの少ない施術になっていると思います。実際痛みを心配されて当院を選ばれるお客様も数多くいらっしゃいます。痛みの程度は予防接種と同程度です。

Q

治療後に気をつけることはありますか?

A

注入部を強く圧迫することは避けて下さい。メイクでのマッサージは問題ありません。

《激しい運動について》
内出血を誘発する恐れがあり施術当日はしないで下さい。

《レーザー治療について》
施術から1~2週間経てば問題なく行えますが、各クリニックで決めた独自のルールがあるのでお問い合わせ下さい。

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから