雀卵斑(ソバカス)

雀卵斑(ソバカス)とは

どんなシミ?

 

雀卵斑(ソバカス)は、たいてい子供のころから現れます。うすい茶色のシミが、お顔の中心部に多発します。色白で乾燥肌の人が多いとされます。

原因


体質的にできやすい人が、紫外線で色素細胞が活性化されることで生じます。



雀卵斑(ソバカス)の治療法

紫外線からの防御


雀卵斑(ソバカス)では、紫外線が、発症、再発、増悪に関係しています。紫外線からの防御は、雀卵斑(ソバカス)治療の大前提です。



フラクショナルQスイッチルビーレーザー


フラクショナル・ルビーレーザーでは、回数をかけて少しずつソバカスを取り除きます。テープ保護が不要で日常生活に影響なく治療できます。

美容モデル

治療前

ソバカスと小斑型老人性色素斑が混在してます。

フラクショナルルビー5回後

 

くわしくはコチラへ

 

 

治療の原則

 

雀卵斑(ソバカス)は、できやすい体質もあり、治療しても再発が避けられません。

ダウンタイムのほとんどないフラクショナル・ルビーレーザーで、色調を薄くすることを目標にすることをおすすめします。色調が戻ってきたら、また治療します。

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから