サーマクールCPT

サーマクールCPTについて

サーマクールとは

 

切らないたるみ治療の代名詞。

「まるでお顔をチンされたみたい」お客様はそう言いました。サーマクールは熱く、熱く、お顔を引き締めます。サーマクールは、高周波エネルギーで真皮、皮下組織を加熱してコラーゲンの熱収縮
再構築促します。第三世代のサーマクールCPTは痛みを軽減する機能が備わり、どなたでも安心して受けられます。

こちらのブログ記事もご覧下さい。

サーマクール作用機序

 

人の組織は部位や温度により高周波を伝える抵抗値が異なります。これを利用して皮膚表面は冷却して抵抗を大きくし、高周波を深部に流し、そこに熱だまりを作ります。この熱でコラーゲンが変性し引き締め効果が現れます。(即時的効果)

その後コラーゲンが再構築が起こり「たるみ」が改善します。


*コラーゲンの再構築によって効果が出るのには約1〜2ヶ月かかります。

サーマクールの効果について 


サーマクールは「たるみ」を根本的に治療します。「たるみ」の原因は何でしょうか?皮膚が収縮力を失ったことが大きな原因です。 サーマクールは皮膚を引き締めて失われた収縮力を回復させます。

*サーマクールではおよそ皮膚表面から2.5mmの深さに強い熱作用が及びます。それは皮膚の真皮から皮下組織の浅層に相当します。

サーマクールではお客様毎にトリートメントチップを取り付けて治療を行います。機械本体はもとよりそのチップの改良によりこれまで治療効果や安全性を向上させてきました。


トータルチップは元々は体幹用に開発されたものですが、顔に使用しても効果的なことがわかり体幹にも顔にも照射できる「トータル」なチップとして再開発されました。

トータルチップはもともとが体幹用なだけあって加熱範囲が従来のチップに比べ約2倍にまで拡大し引き締め効果が向上しています。

 

 

サーマクールが痛くなくなったワケ

サーマクールでは「ズシンッ!」と熱が入る独特の感覚があります。

設定を少しずつ強めていくと

何も感じない
温かい
熱く感じる
刺激的に熱い
痛いほど熱い
痛い


と変わっていきます。

治療効果を考えると「熱く感じる」から「刺激的に熱い」くらいが適切なレベルです。痛みを我慢する必要はありません。

サーマクールは冷や汗をかきながら我慢するもの・・という伝説(?)のような体験談をかつてはよく耳にしました。しかし第3世代のサーマクールCPTに「冷や汗」は必要ありません。それどころか強い痛みが生じているなら設定が強すぎる可能性があります。サーマクールCPTは効果とリスクを天秤にかける治療ではなく安全に効果だけを求める治療です。

痛みを和らげるテクノロジー〜ゲートコントロール理論〜

 

 痛みがなぜ抑えられるか?それがゲートコントロール理論です!

ゲートコントロール理論とは感覚により脳に伝わる神経の太さが異なり、太い神経線維を伝わる感覚ほど脳は重要な情報と認識するというものです。細かい神経線維からの「痛み刺激」より太い神経線維からの「振動刺激」が優先されます。

第三世代のサーマクールCPTから高周波を流すとともに振動刺激が加えられるようになったことで、痛み刺激は大幅に軽減されています。

 

 

 

サーマクールの治療経過について

サーマクールは皮膚から皮下組織に強い刺激(ダメージ)を加え、身体に備わる再生力を利用して線維組織(コラーゲンなど)を再構築する治療です。施術を受けた部位で起こる変化は一般的な創傷治癒反応に当てはめることができます。

それは3期に分けられ
炎症期
増殖期
再構築期
と呼ばれます。

炎症期は施術後数日間続きます。サーマクールの後に見られる軽い発赤や腫れ(むくみ)はまさに炎症期の症状です。

増殖期には線維芽細胞が盛んに増殖し創傷治癒に向けて準備が進みます。施術後2~3週間が相当します。

サーマクールがコラーゲンを増生するといってもコラーゲンはすぐには作れません。サーマクールは即効性に乏しいと言われることがありますが、コラーゲンを増やすためには増殖期に線維芽細胞を増やしてからなので本格的な効果の発現までに時間がかかるのはやむを得ません。

再構築期は施術後数ヶ月からおよそ1(~2)年続きます。盛んに線維組織が作られ組織の再構築が進みます。

サーマクールの治療経過は本格的な効果までに1、2ヶ月、効果のピークは3~6ヶ月、約1年で落ち着きます。

 

 

サーマクールの副作用(リスク)について

 

サーマクールの副作用を並べると

1)赤み
2)むくみ
3)一時的な乾燥肌
4)一時的なニキビ(ブツブツ)
5)水疱
6)色素沈着
7)「こける」
8)陥没

があります。

 

1)赤み、2)むくみ

施術直後に見られてもほとんどその日のうちに、続いてもせいぜい1~2日で収まります。

 

3)一時的な乾燥肌
4)一時的なニキビ(ブツブツ)


施術後数日から数週間続くことがあります。普段より保湿に心がけて下さい。

ニキビ治療にもなるサーマクールでニキビが増えることがあるのは意外に思われるかもしれませんが皮膚の引き締め効果のため毛穴が閉塞しやすいからでしょう。もちろん一時的なものでその後は高周波による皮脂腺が抑制されることでニキビの抑制効果として現れます。

 

5)水疱、6)色素沈着

高周波の熱作用の症状です。1万施術に1例程度の発症頻度とされています。 美容医療で使われている機器はレーザー、光などを使っていて体内で熱作用をもたらします。そのため機器を使った治療はリスクも共通で熱傷がもっとも重症の合併症になります。

サーマクールは熱刺激が強く合併症のリスクが高いと思われがちですが実を言えば他の治療機器に比べて熱傷のリスクは大きくありません。センサーが非常に鋭敏だからです。

 

7)「こける」、8)陥没
「こける」は痩せている部分に引き締め効果が加わることで、「陥没」は局所的に強い熱作用が及んで引き起こされます。こうしたトラブルは施術者がよほど未熟か何も考えず照射するのでなければ起こりえません。

 

 

こんな方におすすめ

  • 1.ダウンタイムのない「たるみ」治療をお求めの方
  • 2.ニキビでお悩みの方

 

 

施術について

施術について


施術時間  : 施術時間は
     900ショットで60分ほど

麻  酔  : なし

術後診察  : なし

 

注意事項


入浴・洗髪  : 当日から可能

洗顔・化粧  : 当日から可能

飲酒・運動  : 当日から可能

 

治療スケジュールについて


現状維持のためには1年に1度、「たるみ」の改善を目指すなら6ヶ月~1年に1度お受け下さい。

 

サーマクールを受けられない方

 

  • 1.ペースメーカーや埋め込み式除細動器を入れている方
  • 2.治療部位に金属プレートなどが入っている方
  • 3.治療部位に傷跡や化膿、感染性の皮膚疾患がある方
  • 4.妊娠中の方
  • 5.金の糸が入っている方

※歯のインプラント・ブリッジは問題ありません。
※その他、ご不明なことがあればお気軽にお問合せ下さい。

施術の流れ

1 カウンセリング

 

2 洗顔・マーキング


洗顔後に症状に合わせてマーキングをします。

3 施術


施術時間は60分ほど。パワーを調整しながら照射します。

 

 

4 施術終了後


メイクをしてお帰りいただけます。施術後日常生活の制限はありません。

 

 

サーマクールCPT・サーマクール アイズ価格表

 価格(税抜)
トータルチップ900ショット 296,000円
サーマクール アイズ 225ショット 98,000円
セット割
サーマクール アイズ 225ショット*1
68,000円

■消費税別途
*1 サーマクールアイズ225ショットのセット割りは、お顔のサーマクールと同日施術の場合にのみ適用されます。

 

 

 

よくあるご質問(Q&A)

Q

サーマクール(高周波)でなぜたるみが治療できるのですか?

A

高周波の特徴はコラーゲンなど線維性組織に選択的に流れること。それにより皮膚の真皮層や皮下組織の線維性組織に熱収縮を引き起こし引き締め効果をもたらします。熱収縮は組織にとってはダメージでもあります。そこから回復する過程でコラーゲンが再構築されそれがリフトアップ効果につながります。 

たるみが生じる原因のひとつとしてコラーゲンの減少、加齢変性があるわけですからコラーゲンを再構築できる高周波によるたるみ治療はたるみの根本治療と言えます。

Q

照射パワー(熱の力)が強いと効果性は高いですか?

A

 
強いパワーにすればそれだけ効果は上がりやすくなりますが、お肌がダメージを受ける可能性も無視できなくなります。サーマクールは登場した頃強い出力でお顔の各部位を1回だけ照射していました。「痛みを我慢して受ける施術」というイメージはこの頃作られました。

「熱く感じるが、苦痛ではない」レベルで重ね打ちするのが、今のやり方です。真皮層〜皮下組織層に効果的な熱だまりを作れることがわかり効果と安全を両立させる照射法として確立されました。

 

Q

サーマクールのチップとは?

A


チップは皮膚に触れる先端部分で1回の施術に1個ずつお客様毎に交換します。その役割は
1.冷却
2.高周波照射
3.皮膚温センサー
4.接触圧センサー
5.照射数カウント
6.タイムリミット(制限時間)
と施術全体に関わっています。

チップにはICが搭載され900ショットのチップでは、照射は正確に900ショットで1ショットたりとも余分な照射はできません。また施術の途中でチップを外した場合には、再度装着すればそれまでのカウントが記憶されて残っています。また皮膚に密着してなかったり皮膚温が高くなりすぎたりするとチップがそれを感知して即座に高周波を中断させます。チップが正確で安全な施術を支えています。

Q

効果はどれくらい持続しますか?

A

効果のピークは3~6ヶ月後でそこからは少しずつ効果は落ちていきます。たるみ治療は続けることが大切で6~12ヶ月毎に治療することをお勧めしています。

Q

痩せ顔にはサーマクールは必要ないですか?

A

「痩せている人には向かない」と言われることがありますが、もし向かない人がいるとしたらそれはたるみのない人です。

痩せていても、たるみがあるならサーマクールの適応はあります。「痩せている人には・・」は、リスクで述べた「こける」可能性を心配してのことでしょうが痩せを意識して照射すればよいだけのことです。

Q

治療後に気をつけることはありますか?

A

日常生活上の禁止事項はありません。メイクや洗顔、入浴など施術直後から可能です。

Q

施術後、レーザー治療はいつ頃から受けられますか?

A

当院ではサーマクールの施術からレーザーや光治療までは2週間あけるようにしています。

各クリニックに独自のルールがありますので治療を受けるクリニックに直接お問い合わせ下さい。

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから