ボトックスリフト

サラサラでシルキーな肌触り


まずは細やか肌理。もうひとつはべとつかないよう汗、皮脂を抑えること。これでサラサラな肌触りの出来上がり。ダーマペン、イデバエ導入とすべては「シルキー仕上げ」のため。


朝の洗顔、素敵な肌触りで一日のスタートをきれたときのウキウキした気分覚えていますか?

お肌のコンディションはその日のパフォーマンスにさえ影響するもの。

ボトックスを皮膚に作用させれば、引き締め効果で毛穴は細やかになり、汗、皮脂が減ることでべたつきも収まります。

実現するのは、シルキーな肌触り 。

仕上げには、ダーマペンを使ってイデバエを浸透させます。1回でワンシーズン、快適な暮らし。


施術内容)
・自動注入器でボトックス注入
・ダーマペンでイデバエ(有効成分DMEA)導入



*ボトックスは厚生労働省承認薬ですが、本施術はその用法の範囲外です。

イデバエについてはこちらをご覧下さい




オリジナル美容モデル

1-前

30代女性
頬の毛穴の開きがお悩みです。

1-後

(施術2週間後)
肌触りが変わりました。

2.1-前

30代女性
頬から口元にかけてのボリューム感をターゲットにしました。

2.1-後

(施術2週間後)
ボトックスリフトらしいナチュラルなタイトニング効果が見られます。

2.2-前

30代女性
同じ方の右側。

2.2-後

(施術2週間後)
口元からフェイスラインが軽くなりました。



こんな方におすすめ

 

  • 1. ゴワゴワ、ザラザラの肌触りを改善したい
  • 2. 頬の毛穴が目立つ
  • 3. たるみ・もたつき感が気になる
  • 4. オイリースキンで困っている
  • 5. 汗で化粧崩れしやすい



施術について

施術について


施術時間  : 施術時間は10分程度(診察、麻酔を含め約60分)

麻  酔  : 表面麻酔

術後診察  : なし

 

注意事項


入浴・洗髪  : 当日から可能

洗顔・化粧  : 当日のメイクは不可、洗顔はOK

飲酒・運動  : 当日から可能

 

治療スケジュール


3〜6か月ごとに継続することをおすすめします。

 

施術が受けられない方

 

  • 1.ボトックス注射でアレルギーが発症した方
  • 2.神経・筋疾患(重症筋無力症、ALSなど)の方
  • 3.妊娠・授乳中の方

施術の流れ

1 カウンセリング

 

2 洗顔・麻酔


洗顔をすませたら、表面麻酔のためクリームを塗ります。

3 注入


自動注入器を使用することで、お肌に最適な注入ができます。

使用するのはイントロフィル。2台目の注入器として導入しましたが、あまりに性能がいいので、今ではこれがメインになりました。

*使用するボトックスは30単位です。

4 イデバエ・ダーマペン導入


ダーマペン単独でも、毛穴を引き締め、肌理を整える効果があります。さらにそのさいイデバエを導入することで、イデバエの有効成分DMEAのタイトニング効果を上乗せできます。

5 施術終了後


当日のメイクはお控え下さい。そのほか日常生活の制限はありません。いくつか針穴が赤い点として数日間残ることがありますが、翌日からメイクでカバー可能です。

 

 

価格表

 価格(税込)
ボトックスリフト(30単位) 88,000円
ボトックスリフト・ネック(20単位) 66,000円
ボトックスリフト・額(10単位) 33,000円


■麻酔料  2,750円別途


*本施術は自由診療に基づき全額自己負担になります。

 

 

よくいただくご質問

Q

ダウンタイム、リスク・副作用について?

A

施術後数日間は針穴が赤く見えることがあります。ほとんどメイクでカバー可能です。薬剤のアレルギーはきわめてまれです。

A

首の前面にボトックスリフトのようにボトックスを注入する施術です。

首の縦ジワ、横ジワの改善効果があります。


A

額のボトックス治療で、目が開けずらくなったりして、もうコリゴリだけれど、額のシワもなくしたいと言う方におすすめします。

ボトックスを自動注入器を使って正確に皮内注射することで、前頭筋を直接抑えずに、皮膚への筋線維の力を弱めて、表情ジワを減らします。

Q

表情が乏しくなったりしませんか?

A

表情筋に作用しないので表情に影響しません。



参考文献


1)Microbotox of the Lower Face and Neck.
Woffles T.L.Wu
Plast Reconstr Surg
2015;138(5 Suppl):92s-100s

2)The wrinkles soothing effect on the middle and lower face by intradermal injection of botulinum toxin type A.
Shao-Ping Chang, et al.
Int J Dermatol
2008;47(12):1287-1294

3)Midface lifting with botulinum toxin: intradermal technique.
Chariya Petchngaovilai
J Cosmet Dermatol
2009;8(4):312-316

4)Facial Rejuvenation After Intradermal Botulinum Toxin: Is it Really the Botulinum Toxin or is it the Pricks?
Rinky Kapoor, et al.
Dermatol Surg
2010;36(Suppl 4):2098-2105

5)The comparison between intradermal injection of abobotulinumtoxinA and normal saline for face-lifting: a split-face randomized controlled trial.
Rungsima Kaewkes, et al.
J Cosmet Dermatol
2016;15(4):452-457

 

 

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから