ボトックスリフト

シルキーでサラサラ素肌


表情ジワを治療する通常のボトックスでは、表情筋に筋肉注射しますが、ボトックスリフトではもっと浅く皮膚に細かく注射します。

仕上がりは、シルキーな肌触りとナチュラルなタイトニング。皮脂、汗も抑えますから、オイリースキンの方、化粧崩れしやすい方にもおすすめします。

*本施術で使用するボトックスは30単位です。

*ボトックスは厚生労働省承認薬ですが、本施術はその用法の範囲外です。また自由診療に基づき全額自己負担になります。

 

 

ボトックスの皮膚への作用


皮膚に浸透したボトックスは、

1)皮脂腺、汗腺に働きかけ、そのボリュームを減らします。それにより毛穴が引き締まり、皮膚表面がスムースになり、「シルキーな肌触り」が実現します。

2)筋肉から皮膚表面に伸びる筋線維の働きを抑えて、シワを減らしたり、たるみをナチュラルにリフトアップします。



こんな方におすすめ

  • 1. 頬、フェイスラインのたるみが気になる方
  • 2. 頬の毛穴を小さくしたい方
  • 3. 肌理の整ったお肌にしたい方
  • 4. オイリースキンでお困りの方
  • 5. 汗で化粧崩れしやすい方

 

 



ボトックスリフトのなぜ??

普通のボトックスとどう違う?

ボトックスリフトは皮内注入です(通常のボトックスは筋肉内注入)

表情ジワに対するボトックス治療で困ることは、効き過ぎると表情がなくなってしまうこと。そこで誕生したのがボトックスの皮内注入法でした。

皮膚へ伸びる筋線維だけにボトックスを効かせれば、表情筋自体の動きは止めないため、表情がなくなることを防ぐことができます。

なぜ毛穴が小さくなるの?

汗腺、皮脂腺のボリュームが小さくなるからです

お肌の作用は、この施術が始まってから知られるようになりました。長らくその作用機序は不明でしたが、今では皮膚の付属している汗腺、皮脂腺のボリュームが小さくなることで毛穴が小さくなると考えられています。同じ理由からオイリースキンの改善も説明がつきます。

ほんとうにリフトアップするの?

以前はリフトアップ効果について懐疑的な意見も多く聞かれましたが、見直されつつあります。

表情筋とくに下制筋と呼ばれる「下向き」の表情を作る表情筋から皮膚に伸びる筋線維の働きを抑えることで、「上向き」の表情を作ることがポイントになります。

オリジナル美容モデル



施術について

施術について


施術時間  : 施術時間は10分程度(診察、麻酔を含め約60分)

麻  酔  : 表面麻酔

術後診察  : なし

 

注意事項


入浴・洗髪  : 当日から可能

洗顔・化粧  : 当日から可能

飲酒・運動  : 当日から可能

 

治療スケジュールについて


3〜6か月ごとに継続することをおすすめします。

 

ボトックスリフトが受けられない方


・過去にボトックス注射を受けてアレルギーが発症した方

・神経・筋疾患の方
(重症筋無力症、ALSなど)
・妊娠、授乳中の方

施術の流れ

1 カウンセリング

 

2 洗顔・麻酔


洗顔後表面麻酔します。麻酔時間は約20分です。

3 注入

 

最新の自動注入器IntroFillで皮内注射します。針の長さ、注入量、注入スピード、吸引圧が自在に設定できるので痛みに弱い方も安心して受けていただけます。

*使用するボトックスは30単位です。

 

4 施術終了後


メイクをしてお帰りいただけます。施術後日常生活の制限はありません。針穴が赤い点として数日間残ることがありますが、メイクでカバー可能です。

 

 

価格表

 価格(税抜)
ボトックスリフト(30単位) 80,000円
ボトックスリフト・ネック(20単位) 60,000円

■麻酔代  2,500円
■消費税別途

*本施術は自由診療に基づき全額自己負担になります。

 

 

よくいただくご質問

Q

ダウンタイム・リスクについて?

A

施術後数日間は針穴が赤く見えることがあります。ほとんどメイクでカバー可能です。薬剤のアレルギーについてはきわめてまれだと考えられます。

最大のリスクは思うような結果が得られないこともありうることかもしれません。

 

Q

表情が乏しくなったりしませんか?

A

表情筋に作用しないので表情に影響しません。



参考文献


1)Microbotox of the Lower Face and Neck.
Woffles T.L.Wu
Plast Reconstr Surg
2015;138(5 Suppl):92s-100s

2)The wrinkles soothing effect on the middle and lower face by intradermal injection of botulinum toxin type A.
Shao-Ping Chang, et al.
Int J Dermatol
2008;47(12):1287-1294

3)Midface lifting with botulinum toxin: intradermal technique.
Chariya Petchngaovilai
J Cosmet Dermatol
2009;8(4):312-316

4)Facial Rejuvenation After Intradermal Botulinum Toxin: Is it Really the Botulinum Toxin or is it the Pricks?
Rinky Kapoor, et al.
Dermatol Surg
2010;36(Suppl 4):2098-2105

5)The comparison between intradermal injection of abobotulinumtoxinA and normal saline for face-lifting: a split-face randomized controlled trial.
Rungsima Kaewkes, et al.
J Cosmet Dermatol
2016;15(4):452-457

 

 

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから