メンズ美白

清潔感ある「美白肌」へ



Qスイッチルビーレーザーのフラクショナル照射で、テープを貼る必要もなく周囲に気づかれずに、お顔に蓄積したメラニン色素を少しずつ取り除きます。シミを目立たなくして、清潔感のある「白さ」を目指します。

*こちらは男性向けの美容施術です。

*本施術は、厚生労働省から承認された医療機器を使用していますが、保険適応外で自由診療になり、全額自己負担です。




こんな男性におすすめ

 

  • 1.ダウンタイムを心配せずシミを治療したい方
  • 2.周囲に気づかれずにシミ治療をしたい方
  • 3.若い頃に比べお肌が全体に黒くなったと感じている方
  • 4.色黒、くすみを治したい方

 

当院の男性美容について

 

■少しずつ変われる施術を提案します。

■日常生活にできるだけ影響しないよう配慮します。


■男性の皮膚生理に基づいたスキンケアを指導します。




フラクショナルルビー美容モデル(女性)
注)1回の施術で本施術のおよそ倍の2pass照射しています

治療前

ソバカス、小班型老人性色素斑、ホクロが散在しています。

フラクショナルルビー5回治療後

ホクロは残っていますが、シミの多くは目立たなくなりました。

治療前

鼻、鼻横の頬には毛穴の開きが目立ちます。

5回治療後

 治療の難しい鼻の毛穴もきれいに整いました。



フラクショナルQスイッチルビーレーザー

テープのいらないシミ治療レーザー


フラクショナル照射とは、レーザービームをシャワーのように細いビームの束にして照射すること。

これまではシミをレーザー治療後には、1~2週間テープを貼らなければなりませんでしたが、フラクショナル照射にすればテープ保護は必要ありません。

回数はかかりますが、いつも通りの生活を送りながら治療をすすめることができます。

ソバカス、日光黒子、肝斑、ADM(後天性真皮性メラノーシス)が混在して、お顔のメラニン色素が過剰になっている方に特におすすめします。



クアンタ社製 Q-Plus Rの特徴

きめ細かなフラクショナル照射

クアンタ社のQ-Plus Rでは1回の治療での照射範囲はおよそ5%(他の機種はおよそ20%)です。きめ細かなフラクショナル照射が可能で、炎症後色素沈着の予防に役立ちます。

深部で収束するビーム設計

クアンタ社製Q-Plus は、フラクショナルレーザーのビームが平行ではなく、皮膚に入ったとき真皮層で収束するよう設計されています。そのため真皮層に強い熱刺激を与えることができ、肌理を細やかに整える作用があります。

高速3Hz発振


従来のQスイッチルビーレーザーでは、1秒間に繰り返し照射できるのは2回、つまり2Hzが限界でした。クアンタ社は3Hzという高速レーザー発振を実現しました。迅速で効率的なレーザー治療ができます。

 

 

レーザー治療のリスクについて

1)炎症後色素沈着
2)色素脱出(白斑)
3)アートメイク(化粧刺青)への照射による色調の変化


1)炎症後色素沈着

レーザー照射に伴う炎症のために色素沈着が生じやすく、一時的に元のシミが増悪したように見えたりすることがあります。通常、治療後1ヶ月をピークとして、6ヶ月から1年で消退します。このリスクを少しでも減らすために治療後はお肌への刺激を避け、また紫外線防御をお願いしています。炎症後色素沈着には治療は行いませんが、早期に改善をご要望の方には、別途外用剤の使用をおすすめしています。

2)色素脱出(白斑)

短期間に無理に回数を重ねなければ、色素脱出(白斑)はまず問題になりません。色素脱出を認めたり、または疑われた部位へは、それ以上のレーザー照射は行いません。色素脱出は、通常6ヶ月ほどで、元の肌の色に戻ることもありますが、一度生じた色素脱出は戻らないこともあります。

3)アートメイク(化粧刺青)への照射による色調の変化

アートメイク(化粧刺青)がされている部位にレーザーを照射すると、思わぬ色調の変化(多くは黒色化)が生じることがあります。アートメイク(化粧刺青)をされている方は必ず申告して下さい。

 

 

 

施術について

施術について


施術時間  : 45分程度
麻  酔  : 表面麻酔
術後診察  : なし

 

注意事項


入浴・洗髪  : 当日から可能 

洗顔         : 当日から可能

飲酒・運動  : 当日から可能

 

治療スケジュールについて


4週毎に5~10回

 

施術を受けられない方

 

  • 1.日焼けをしている、あるいは日焼けをする予定のある方
  • 2.治療部位に傷や化膿、感染性の皮膚疾患がある方
  • 3.光増感剤(光線過敏症を引き起こす可能性のある薬品)を服用している方

*その他ご不明な点があれば、お気軽にご相談下さい。

 

 

フラクショナルルビー 施術の流れ

1 マスクピール


お肌のターンオーバーを促進して、レーザーにより破壊されたメラニン色素の排泄を早めるためにマスクピールを行います。マスクピールは皮脂の分泌が多い男性肌に適したケミカルピーリングです。



2 フラクショナル照射


お顔全体に照射(1 pass)します。施術時間はおよそ20分です。

 

 

価格表

メンズ美白
価格(税抜)
1回
26,000円

■麻酔代  2,500円
■消費税別途

■施術内容 
❶マスクピール
❷フラクショナルルビー(照射範囲:顔全体、1パス)


*こちらは男性向けの美容施術です。
*本施術は、自由診療に基づき全額自己負担になります。

 

 

よくいただくご質問

Q

レーザーでなぜシミが治療できるのですか?

A

 レーザーはターゲットに選択的に吸収され、そこに熱を発生させます。そのとき一定の時間より短い時間で急速に熱を発生させると、熱が周囲に広がる間もなくターゲットは高温化して破壊されてしまいます。ターゲットごとに定まる、この一定の時間のことを「熱緩和時間」と呼びます。

レーザー治療の原則は、ターゲットの熱緩和時間以下でレーザーを照射し、周囲組織にダメージを与えずターゲットのみを破壊することです。

シミ・アザの治療では、ターゲットはメラニン色素です。メラニン色素の熱緩和時間は50nsecですから、それより短時間で照射できるレーザー、すなわちQスイッチレーザーを使います。(クアンタ製 Q-Plus Rの照射時間(パルス幅)は30nsecです。)

今では、さらに照射時間の短いピコ秒レーザーも登場していますが、シミ・アザに対しては、Qスイッチレーザーで必要十分です。

 

Q

フラクショナルレーザーとはどんなレーザーですか?

A

普通のレーザーをホースから出る水とするとフラクショナルレーザーはシャワーに例えることができます。細かなレーザービームの束で照射することで、シミ・アザを「面」ではなく「点」で治療します。

レーザーでダメージを受けた皮膚は、「点」の方がはるかに早く治ります。そのためダウンタイムが短縮され、熱傷、色素沈着などのリスクも減少させることができます。

Q

フラクショナルQスイッチルビーレーザーはどのような人に最適ですか?

A

フラクショナル治療が最適なのは、小斑型の日光性色素斑(ソバカスのように小さな日光性色素斑が多数散在するタイプ)でお悩みの方です。

また、周囲に気づかれないよう治療をすすめたい方にもおすすめです。従来はレーザー照射後にはテープを貼ってお肌を保護することが必須でしたが、フラクショナル照射の登場で施術後にテープを貼らなくてもシミのレーザー治療ができるようになりました。

 

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから