メンズ素肌再生

ゴワゴワ、テカテカからサラッとした清潔感ある素肌へ

 


シャツやスーツを気にする前に、まずはご自身の素肌に気配りを。男性に多いゴワゴワした硬いお肌、皮脂の過剰分泌によるテカテカしたお肌はビジネスの足を引っ張ります。


ダーマペンを使ったマイクロニードリングとリジュラン注入で、ゴワゴワした硬い皮膚を柔らかく、そしてテカリを抑えて清潔感あふれる素肌に導きます。

*こちらは男性向けの美容施術です。

*本施術は、厚生労働省未承認薬剤を使用したもので、また自由診療に基づき全額自己負担になります。

 

リジュランは天然素材の「皮膚再生剤」

 

主成分はサーモンのDNAから精製されたポリヌクレオチド(PN)。難治性の創傷治療薬として研究されてきた経緯があり、その作用機序は詳しく解明されています。線維芽細胞を刺激するとともに、保湿作用、血管新生作用、抗酸化作用が組織が再生するための環境を整えます。

リジュランで治療するメリットは、美肌効果を楽しみながら治療を続けられること。

従来のレーザー治療ではお肌の負担が大きく、肌荒れ、色素沈着などのトラブルを我慢しながら治療を続けることになります。その点リジュランではお肌の負担が少ないため、問題になるトラブルがほとんどありません。

 

 

 

 



リジュラン美容モデル(女性) 
注)リジュランを本施術の倍量の1回2cc注入しています

ニキビ痕治療前

ニキビ痕のクレーター肌では、ゴワゴワした質感になりがちです。

8回治療後1ヶ月

 肌質を柔らかく変える作用の強いことが、リジュランの最大の特徴です。

ニキビ痕治療前

耳の前から頬にかけてクレーター状のニキビ痕が目立ちます。

施術8回後2年

8回施術を行い、追加治療なしで2年経過。耳の前のクレーターはほとんど消失しています。

 

 

こんな男性におすすめ

  • 1.ゴワゴワした硬いお肌を変えたい方
  • 2.すぐにお肌がテカテカしてお困りの方
  • 2.毛穴、ニキビ痕を目立たなくしたい方
  • 3.お肌のアンチエイジングをお考えの方

当院の男性美容について

 

■少しずつ変われる施術を提案します。

■日常生活にできるだけ影響しないよう配慮します。


■男性の皮膚生理に基づいたスキンケアを指導します。




施術について

施術について


施術時間  : 診察からで約60分 

麻  酔  : 表面麻酔

術後診察  : 不要

 

注意事項


入浴・洗髪  : 当日から可能

洗顔         : 当日から可能

飲酒・運動  : 翌日から可能

 

治療スケジュールについて


4週間ごとに4回以上

 

施術を受けられない方

 

  • ポリヌクレオチドナトリウムに対して過敏症の方

施術の流れ

1 マスクピール


肌を再生させるためには、まずは古い肌からの脱皮が必要。マスクピールは古い角質を取り除き、肌の再生をサポートします。皮脂の分泌が多い男性肌に適したケミカルピーリングです。

2 ダーマペン


ダーマペンを使って、皮膚に微細な穴を開けます(マイクロニードリング)。これ自体にも真皮層を刺激して、コラーゲンの再構築を促す作用がありますし、またリジュランのポテンシャルを最大限引き出すために欠かせないステップでもあります。


3 リジュラン注入


自動注入器を使用して、皮膚に均一にリジュランを注入します。ニキビ跡や毛穴などターゲットがあれば、そこに重点的に注入することもできます。


*リジュランSを1本(1cc)注入します。

 

 

価格表

 メンズ皮膚再生価格(税抜) 
1回   32,000円

■麻酔代 表面麻酔 2,500円
■消費税別途

■施術内容 
❶マスクピール
❷ダーマペン
❸リジュランS 1本(1cc)注入


*こちらは男性向けの美容施術です。
*本施術は、自由診療に基づき全額自己負担になります。

 

 

よくいただくご質問

Q

必要なダウンタイム、リスクについて教えて下さい?

A

ダウンタイムについて
直後は細かな膨隆疹が見えることがありますが、翌日にはほとんど目立たなくなります。

リスクについて
注入する施術には内出血のリスクがあります。ただし針穴が青く見える程度で青あざが広がることはありません。
これまで大きな副作用の報告はありません。

Q

治療のスケジュールについて?

A

4週間ごとに4回以上の施術をおすすめします。

Q

日常生活の注意はありますか?

A

当日から洗顔、入浴の制限もありません。いつも通りに日常生活をお送りいただけます。



参考文献

1)Long-chain polynucleotide filler for skin rejuvenation:efficacy and complications in five patients.
Park KY,et al.
Dermatol Ther
2016;29(1):37-40

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから