2018.05.27更新

もっとバイオレットライト

 

中国で子供の近視の激増が大問題になっています。今や近視の子供の割合は80%に達するとか。もちろん日本でも近視の子供は増えています。

しかもこれは子供だけの問題ではありません。「近眼は大人になれば進まない!」は根拠のない都市伝説にすぎません。大人になっても近視は進行し、最悪失明に至るケースまであります。

長い間近視の子供が増加している原因は謎のままでしたが、屋外で過ごす時間の減少が原因とわかりました。近視を予防するには、1日2時間以上外で過ごすことが必要とされていますが、今の子供は平均して1日30分しか外にいません。

屋外の光に含まれる紫色の波長が近視の予防に欠かせないのですが、今のサッシのガラス窓は紫色の光を通しませんし、室内のライトの光には紫色の波長が含まれていません。

どうしたら子供や近視が進行している大人の目にバイオレットライトを届けることができるのか・・これは現代社会における大問題なのです。

(第18回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム1 坪田一男先生のご講演から)

 

自由が丘ブログバナー

 

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから