2018.06.23更新

それは今日の朝の出勤のさい、最寄り駅でトイレに立ち寄ったときのこと。


トイレで若さ自慢



用を足していると、隣の便器に近づく人の気配がします。

普通男性は便器の前にポジションを固定してから、おもむろにズボンのチャックを開け、以下の手順に進みます。ところが、人影が便器の前に止まる前に、放物線を描きながら便器に向かう水流が視界のかたすみに入ったのです。おそらく便器のはるか手前から、一連の手順を始めたに違いありません。

最後に確認したところ30代くらいの普通のサラリーマンにしか見えませんでしたが、よほど我慢して、我慢しきれなかったのでしょうか。

ただ・・抗加齢医学専門医らしく深読みすると、もしかしたら自分はすぐ出せることを自慢したかったのかもしれません。女性には理解していただけないでしょうが、男性は加齢とともに、尿が出にくくなります。具体的には便器を前にしても出るまでに時間がかかるようになります。もしかしたら自分は若い!ということを行為で示したかったのかもしれません。

もしそうだとしたら、実に男らしい、中年以上の男にしか理解できない示威行為だったと言えるでしょう。

 

 

自由が丘ブログバナー

 

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから