Z-リフト

Z-リフトについて


目指したのは「瞬間リフトアップ」です!

Z-リフトは世界初のPLA(ポリ乳酸)製のトゲ付き糸を使ったリフトアップ術。針の先は丸い鈍針ですからダウンタイムは最小限です。ダウンタイムのほとんどない瞬間リフトアップが従来に比べ3倍長く続きます。

 

 

 

《特徴 長期持続性》

 

Z-リフトは世界初のPLA(ポリ乳酸)を使った糸です。これまでの糸はPDO(PDS)製で体内では6〜8ヶ月で分解吸収されるのに対しPLA製の糸では24ヶ月かけてゆっくり分解されます。PLA製のZ-リフトの糸はゆっくり分解され、その間効果が続くのです。

 

《特徴 安全性》

 

PLA(ポリ乳酸)は生分解性プラスチックです。以前から骨折部を固定するプレートや医療用ネジの素材として使われてきました。美容医療でもシルエットリフトの糸がPLA(ポリ乳酸)製です。すでに医療の現場で長く使われてきた素材です。

PLA(ポリ乳酸)は米国FDAに唯一美容目的の糸として許可されています。

 

 

 

 

Z-リフトでできること

Z-リフト・ミドル(頬のリフトアップ)

 

 


頬は加齢とともにたるみやすく、ほうれい線が強調されてしまいます。

そこで注目されるのが糸を使ったリフトアップ術です。ニュートンコグやZ-リフトではたるみを斜め上方に引き上げてスッキリした頬を作り上げることもできますし、ハッピーリフトのように下からたるみを支えて頬のボリュームアップさせることも可能です。

《Z-リフト・ミドル》

Z-リフトは、糸の端を固定しないフローティングタイプの施術です。固定していないということは、リフトアップ力という点ではマイナスですが、なじみやすく表情に不自然さが現れにくいというプラス面があります。


 

 

 

 

 

 

 

Z-リフト・ロワー(口元・フェイスラインのリフトアップ)


 


口元の「たるみ」の治療には制限があります。リフトアップ力が強すぎると口の動きを制約してしまいますし、弱ければ、口の動きにさらされてすぐに効果が薄れてしまいます。



《Z-リフト・ロワー(口元・フェイスラインのリフトアップ)》

糸が固定されないZ-リフトなら口の動きに違和感を生じにくく、安心してリフトアップできます。

*フェイスラインのたるみ治療

フェイスラインのたるみ治療では、「たるみ」のボリュームが大きい方には、脂肪溶解注射やBNLS neoなどボリュームを減らす施術をおすすめします。

 

 

 

Z-リフト・トータル

 

 

 

 

「たるみ」は、部分ではなく全体的に進行します。ですから本来「たるみ」治療は部分ではなく全体的に行うのが理想です。Z-リフトを用いれば「たるみ」全体をリフトアップすることができます。頬と口元のの「たるみ」は一体化していることが多く同時にリフトアップさせることがお顔の若返りに役立ちます。

 

こんな方におすすめ

  • 1.頬や口元・フェイスラインの「たるみ」が気になる方
  • 2.ハッキリした効果をお求めの方
  • 3.ダウンタイムの少ない治療をお求めの方

 

 

おすすめする理由

 

お客様から寄せられるたるみのお悩みにどう応えたらよいか、日頃頭を悩ませています。多くの方が求めているのは大がかりな施術ではなく、手軽に受けられて、ダウンタイムもほとんどなくそれでいて効果的な施術です。

Z-リフトならばトゲ付きの糸を使うので瞬間的にリフトアップできて直後から効果がわかります。施術は短時間ですしダウンタイムは短く、その後のトラブルもほとんどありません。しかもPLA(ポリ乳酸)製で効果の持続も期待できます。


Z-リフトはまさにお客様が求めている施術と言えます。


施術について

施術について


施術時間  : 施術時間は30分程度です
        カウンセリングを含め約60分前後

麻  酔  : なし

術後診察  : なし

 

注意事項


入浴・洗髪  : 当日から可能

洗顔・化粧  : 当日から可能

飲酒・運動  : 当日から可能

 

治療スケジュールについて


Z-リフトの効果の持続は1〜2年です。効果をしっかり維持するためにも、1〜2年ごとにこの施術を続けることをオススメします。

 

Z-リフトの施術を受けられない方


妊娠、授乳中の方

施術手順

1 カウンセリング・洗顔

 

 

2 マーキング・麻酔


糸の挿入デザインを決定して、マーキングします。針の刺入部を麻酔します。
※刺入部はメイクを落とします。

針の進入経路に鈍針を使って局所麻酔します。皮膚に針穴を開ける以外はすべて鈍針を使うことで内出血のリスクを極力減らしています。

 

3 Z-リフト挿入

Z-リフトは鈍針を使うので皮下に針をすすめるとき独特の抵抗感があります。ただ麻酔も効いているので強い痛みはありません。

5 施術終了後

メイクをしてお帰りいただけます。とくに日常生活の制限もありません。
気になる事があれば気軽にご相談下さい。

 

価格表

 Z-リフト価格(税抜) 

Z-リフト・ミドルフェイス

 頬のリフトアップ

198,000円

Z-リフト・ロワーフェイス

口元・フェイスラインのリフトアップ

 198,000円

Z-リフト・トータル

お顔全体のリフトアップ

242,000円

■麻酔料3,500円、消費税別途

 

 

よくあるご質問(Q&A)

Q

ダウンタイムはありますか?

A

リスクとしては
1)内出血
2)ひきつれ
3)糸の露出(糸が出てくること)
4)糸の違和感
などあります。

内出血については鈍針を使うのでまず問題になりません。ひきつれもマッサージでほぐせばほとんど解消できます。Z-リフトはダウンタイムはほとんどない施術だと言えます

Q

ヒアルロン酸やボトックス治療と併用できますか?

A

ボトックス治療は部位にかかわらず同時に受けていただけます。ヒアルロン酸注入もZ-リフトの施術部位と重ならなければOKです。

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから