2018.04.05更新

「敏感肌」は次のように分類することができます。

1型 バリア破壊タイプ
2型 炎症タイプ
3型 バリア破壊も炎症もないタイプ

ただし、診察で正確に何型か決めることはできません。そのため、次のように治療をすすめるのが現実的です。

ステップ1 保湿でバリア機能を回復させる
ステップ2 炎症を抑える
・・・

ステップ1

 

ステップ1
皮膚の乾燥が進むと神経線維が皮膚表面まで伸びて感覚過敏を引き起こしますが、適切に保湿できれば、神経線維を元の深さまで戻すことができます。バリア破壊タイプでは、乾燥肌を呈しやすくなりますが、逆に保湿によりバリア機能の回復も見込めます。


1)適切に保湿剤を使う
2)スキンケアを見直す


1)保湿剤を使う
敏感肌での保湿では、セラミド含有保湿剤の有用性が報告されています。セラミドについては、ヒト型、合成型などと分類されることもありますが、どのセラミドがより効果的か実証されていませんから、気にする必要はありません。

セラミド含有保湿剤は数多くありますが、
NOVⅢシリーズ:保湿美容液バリアコンセントレイト
花王キュレル:乳液またはフェイスクリーム
を挙げておきます。

NOVは保湿剤のコンセプトが秀逸なことと医療機関で試されていること、花王キュレルは臨床試験で実績を作ったことを評価しています。

使用にさいしては、その量、回数が問題になりますが、とくに回数が重要ですから、改善が見られない場合は、まず塗布する回数を増やしてみましょう。

2)スキンケアの見直し
お肌から水分を奪うスキンケアになっていないか、とくに洗顔、クレンジングにおいて洗いすぎ、落としすぎに注意します。


半数以上の女性が自分を敏感肌だとしながら、実際に敏感肌用のコスメを使っている人は少ないと指摘されています。敏感肌は改善させることのできる皮膚症状であることを忘れないで下さい。

 

自由が丘ブログバナー

 

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2017.12.27更新

年末になってしまいましたが、今年下半期から始まった育毛治療の報告です。

美容医療で行われている育毛治療のこれまでの主流は、成長因子製剤を使った注入療法でした。「成長因子」というのは、何となく効きそうというイメージがありますが、作用機序はほとんどわかっていません。成長因子製剤を使った美肌治療の経験から言うと、中心になるのは抗炎症作用です。私自身はそれを使った育毛治療の経験はないので、軽々には言えませんが、育毛効果があるとすれば何らかの「炎症」が脱毛症の原因になっている場合に限られるのではないかと思っています。

当院の育毛治療は、Dr.CYJ ヘアフィラーで、これは毛髪再生ペプチドを頭皮に注入します。毛髪再生ペプチドとは人工的にアミノ酸を組み合わせた化合物です。技術的には新たなペプチドを生成するのは容易らしく、たくさんペプチドを作り出し、生体に対する作用を調べ上げ、育毛効果のあるペプチドを集めたのがヘアフィラーというわけです。

Dr.CYJ ヘアフィラーにどれだけ効果があるかというと、「2週間ごと4回の治療で、およそ20%の増毛・育毛効果」とされています。この「20%」を高いと思うか、低いと思うか・・それがそのままこの施術に対する評価になります。



治療前 
(治療前)

治療後
(4回治療後)
生え際(M字の部分)の増毛効果が認められます。

育毛治療は、開業前には学会にも参加して真面目に取り組んでいた分野でした。ただ女性の脱毛治療では、なかなか思うような結果が出せず忸怩たる思いに駆られていました。ですから育毛治療を再開するのには、リベンジの気持ちが込められています。かつて私の育毛治療を受けて下さったお客様、これから受けて下さるお客様の真摯な気持ちを裏切らない正直な育毛治療を展開してまいります。


美容モデルとしてご協力下さったお客様には心から御礼申し上げます。


自由が丘ブログバナー

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから