2015.01.27更新

「毛穴が開く」といいますが、
開いているのは表面部分だけで、
深部は開いていません。




皮脂の不飽和脂肪酸が酸化して
毛穴開口部の角質をダメージを与えてしまうらしい。

異常をきたした角質はすり鉢状に凹み
結果、毛穴が開いて見えるというわけ。


こうしたことから毛穴に対しては
1)グリシルグリシンで角化異常を抑え、
2)出来上がった角化異常は
ケミカルピーリングで取り除き、
3)仕上げに皮膚表面を引き締める

のが有効といえます。



施術前


ボトックスリフト後

ボトックスを皮膚表層に細かく注入すると
皮膚を引き締める作用があるので
このように毛穴も引き締まります。










投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

2015.01.27更新

「毛穴が開く」といいますが、
実は開いているのは表面部分だけで、
深部は開いていません。

正常な毛穴 開いた毛穴


皮脂の不飽和脂肪酸が酸化して
毛穴開口部の角質にダメージを与えてしまうのが原因らしい。

異常をきたした角質はすり鉢状に凹み
結果、毛穴が開いて見えるというわけです。


そこで、毛穴に対しては
1)グリシルグリシンで角化異常を抑え、
2)できてしまった角化異常はピーリングで取り除き、
3)仕上げに皮膚表面を引き締める

ことで毛穴は引き締まるはずです。

 

しかし、現実には完璧な治療法などなく、
多くのお客様、美容皮膚科医が頭を悩ませているわけです。
その理由は、皮脂が出るのは生理現象ですし、
それが酸化するのも、空気中に酸素がある限り避けられません。
つまり角化異常を完全に封じ込めることは不可能だからです。

 

それでも諦めることはありません。
やはり治療の方向性は同じです。

 

1)グリシルグリシンで可能な限り角化異常を抑え、
2)できてしまった角化異常はピーリングでできるだけ取り除き、
3)仕上げに皮膚表面を少しでも引き締める
ことで十分改善が見込めます。

 

ピーリングの手段としては、
ケミカルピーリング
光治療(フォトRF、カーボンピーリング)
レーザー治療(マドンナリフト)
があります。

 

表面の引き締め治療としては、
マトリックスIR、
ボトックスリフト
レーザー治療(マドンナリフト)
があります。

表面の引き締め治療の1例として
ボトックスリフトをご覧いただきます。




施術前


施術後1週間

ボトックスを皮内に細かく注入すると
引き締める作用があるので
このように毛穴も引き締まります。





投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから