2018.02.12更新

敏感肌治療を始める前に知っておくべきこと

治療スタートの前に

敏感肌の発症、悪化につながる要因として、
・紫外線
・PM2.5など粒子状物質
・環境湿度の低下
・ストレス
などが挙げられます。

紫外線
紫外線からの防御はスキンケアの基本ですが、敏感肌の方はとくにお気をつけ下さい。

日焼け止めをつけるだけでは紫外線防御としては不十分です。どんなにPAやSPFの高い日焼け止めをつけても、その効果は数時間しか続きません。せめて紫外線の強くなる春先から秋までは内服の日焼け止めを摂るようにしてはいかがでしょうか。

PM2.5など粒子状物質
健常な皮膚でもPM2.5などの粒子状物質の表面の有害な化合物が皮膚に浸透すると、炎症が引き起これます。ましてバリア機能が低下した皮膚では、敏感肌をさらに悪化させてしまいます。

環境湿度の低下
日本の都市部では道路舗装の普及により雨水の循環が損なわれ、乾燥化が進んでいます。また、住環境もアルミサッシ、エアコンの普及で乾燥しています。このような環境湿度の低下が乾皮症の増加などお肌に影響を及ぼしています。


ストレスなど対処しにくいものもありますが、まずはこうした要因の影響をできるだけ緩和することが重要です。

 

自由が丘ブログバナー

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから