2018.01.18更新

シミ・ソバカスのレーザー治療といえば、治療後にしばらくはテープを貼ることが必要というのが常識でした。

ダウンタイムなしのシミ・ソバカス治療としては光治療がありますが、理論的にも現実的にも「取る」というより「うすくする」というのが正直なところです。

光治療と同様にダウンタイムがほとんどなく、それでいて光治療よりずっとシミ・ソバカスを根本から取れる治療・・ルビーフラクショナルはそんな新しい美容価値を提供してくれます。


治療前
治療前
ソバカス、日光性色素斑(小斑型)、ホクロが散在しています。

5回照射後
ルビーフラクショナル5回後
ホクロや今回照射しなかった下まぶたでは色素斑が残っていますが、全体的に見てハッキリ改善しています。肌質改善効果も出ていますが、それについてはまた改めて報告します。

フラクショナル照射のできるQ-PlusRを導入しておよそ半年。これまでお客様に美容モデルをお願いしながら慎重に検討してきましたが、ソバカス、小斑型の老人性(日光性)色素斑までは、ほぼ確実に効果が出せます。肝斑についてはもう少し検討が必要、大斑型の老人性(日光性)色素斑、ADM(後天性真皮性メラノーシス)についてはまだ結果が出ていないというのが現状報告です。


*フラクショナル照射とは・・レーザービームをシャワーのように細いビームの束にして照射すること。治療後にテープを貼る必要もなく、いつも通りの生活を送りながら、少しずつメラニン色素を取り除くことができます。


美容モデルとしてご協力いただいたお客様には心から御礼申し上げます。


自由が丘ブログバナー

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから