2017.08.22更新

医師向け情報サイトの掲示板に興味深い書き込みがありました。

ある内科医が肝斑にビタミンC、トランサミン、Lシステインを処方していると書いたら、さっそくそれに噛みついた医師がいて、それがまた引用するのもはばかれるような暴言の数々。引用できるように、ソフト(!)に書きますが、「勉強不足!!」、「〇〇〇のバカ」と非難の限りを尽くしています。

怒る医師

たぶん、こんな感じで怒っているのでしょう。
でもこれ、残念ながら、非難している本人こそ「〇〇〇のバカ」とまでは言いませんが、少なくとも「勉強不足!!」です。

トラネキサム酸(トランサミン)が肝斑に有効であることを最初に報告したのは、日本人医師です。それは1979年のこと。蕁麻疹の患者さんにトラネキサム酸を処方したら、たまたまあった肝斑が改善したという報告でした。その後検証が重ねられ、今回の投稿にあったビタミンC、トランサミン、Lシステインという組み合わせでの肝斑に対する有効性が発表されたのが2007年。この臨床試験は、後に市販薬トランシーノの発売につながったという意味でも、肝斑研究における記念碑的意味合いを持ちます。

惜しむらくは
・英文でない(そのため世界的には知られようがない)
・二重盲検試験でない
・製薬会社から資金提供を受けている
という弱点はありますが、それでもかなりエビデンスレベルの高い臨床研究です。

高齢者がキレやすいことが社会問題化していますが、掲示板だとさらにブレーキがきかずに暴走してしまうのかもしれません(勝手に男性高齢医師が怒っていると思い込んでますが、違っていたら申し訳ございません)。

 
  笑顔のドクター

こんな笑顔が戻りますように・・!


 

newbanner

投稿者: 美容外科・美容皮膚科 青い鳥

詳しいお問い合わせ・ご予約はこちらから